最新Androdスマホと比べると?

 それでは、新型iPhoneとAndroidの最新スマホを比べるとどうだろうか。まず、4.7型のiPhone 8と、8月末に発表されたばかりの「Xperia XZ1」(ソニーモバイルコミュニケーションズ、日本の発売時期は未定)を比較した。Xperia XZ1のスペックは海外で発表されたものを記載している。

「Xperia XZ1」(ソニーモバイルコミュニケーションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone 8のサイズは幅67.3×高さ138.4×厚さ7.3mm。Xperia XZ1よりiPhone 8のほうが、幅5.7mm、高さ9.6mm、厚さ0.1mmほど小さい。また、Xperia XZ1の重量は156gあり、iPhone 8よりも8gほど重い。

 一方、iPhone 8の画面サイズは4.7型。Xperia XZ1の5.2型と比べると小さい。また、Xperia XZ1の画面解像度が1920×1080ドットに対し、iPhone 8の画面解像度は1334×750ドットで解像度は低い。さらに、Xperia XZ1はHDRにも対応している。

 内蔵ストレージは、iPhone 8が64GBと256GBから選択できるのに対し、Xperia XZ1は64GBのみ。最大256GBが選べるiPhone 8のほうがスペックが高いように見える。だが、Xperia XZ1にはカードスロットがあり、安価なmicroSDカードで容量を追加できる。

 iPhone 8のカメラは背面1200万画素、前面700万画素だが、Xperia XZ1の背面1900万画素、前面1320万画素には及ばない。写真画質は画素数だけを比べるべきではないが、これだけ違うとさすがに気になるところだ。

 認証についても、Xperia XZ1が指紋認証と顔認証を利用できる。この点、指紋認証のみのiPhone 8はまだ追いついていない。

iPhone 8と最新AndroidスマホのXperia XZ1のスペックを比較
[画像のクリックで拡大表示]

5.5型のライバルと比べた

 次に5.5型のiPhone 8 Plusと、Xperiaシリーズの最上位機種「Xperia XZ Premium」(ソニーモバイルコミュニケーションズ)を比較してみよう。 Xperia XZ Premiumの仕様はNTTドコモの「Xperia XZ Premium SO-04J」を記載している。

「Xperia XZ Premium SO-04J」(ソニーモバイルコミュニケーションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 両機種とも画面の大きさは5.5型で同じ。本体の大きさはXperia XZ Premiumのほうが幅1.1mm、高さでは2.4mm小さいものの、厚さではiPhone 8 Plusのほうが0.4mm薄い。iPhone 8 Plusの重量は202gで、Xperia XZ Premiumより11g重い。

 画面解像度はiPhone 8 Plusが1920×1080ドットに対し、Xperia XZ Premium SO-04Jは3840×2160ドットでより高精細となる。写真や文字をなめらかに表示したり、4K動画をドットバイドットで再生したりできるので、高解像度のXperia XZ Premiumのほうが優れているといえる。

 前面カメラはXperia XZ PremiumのほうがiPhone 8 Plusより画素数は多く、レンズもより明るい(f値が小さい)。レンズが明るければ、暗い場所での撮影で有利となる。

 Xperia XZ Premiumの内蔵ストレージは64GBのみ。256GBを選べるiPhone 8 Plusと比べるとストレージ容量は少ないが、Xperia XZ1と同様にmicroSDカードを用いて容量を追加できる。

iPhone 8 PlusとXperia XZ Premium SO-04Jのスペックを比較
[画像のクリックで拡大表示]

同じようなデザインのGalaxy 8と比べると?

 最後に5.8型のiPhone Xと、同じくベゼルレスデザインを採用している「Galaxy S8」(日本サムスン)を比較してみよう。Galaxy S8の仕様はNTTドコモの「Galaxy S8 SC-02J」のものを記載している。

「Galaxy S8 SC-02J」(日本サムスン)
[画像のクリックで拡大表示]

 画面の大きさはともに5.8型で同じ。ただ、画面の解像度はGalaxy S8が2960×1440ドット、iPhone Xは2436×1125ドットでわずかに少ない。肉眼では確認しにくい差だが、Galaxy S8のほうがより高精細となる。

 本体サイズはiPhone Xの幅70.9×高さ143.6×厚さ7.7mmに対し、Galaxy S8が幅68×高さ149×厚さ8mm(最厚部8.2mm)となる。iPhone Xは幅が2.9mm大きいものの、高さでは5.4mm、厚さは0.5mm小さい。ただ、Galaxy S8の重さは150gなのに対し、iPhone Xは174g。24gも重い。

 両機種ともデュアルカメラを搭載する。画素数はiPhone Xが1200万画素、Galaxy S8が1220万画素でほとんど変わらない。ただ、Galaxy S8のレンズのf値はf1.7と、より明るいレンズを搭載している。

iPhone XとGalaxy S8のスペックを比較
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone 8/8 Plusは、最新Androidスマホと比べると、画面解像度や重さ、カメラの仕様などで見劣りする面がある。満を持して登場したiPhone Xも、有機EL画面でベゼルレスデザインという組み合わせはGalaxy S8と似ており、スペック面でも劣る部分がある。

 ただ、これらの新機種を、iPhoneの従来機種と比べると、4K動画撮影の強化や顔認証、ワイヤレス充電の追加など、便利そうな機能が増えた。従来機種から大幅に進化しているのは確かだろう。

(文/田代祥吾)