2017年9月にドイツで開催された家電見本市「IFA 2017」で、家電メーカーがこぞって製品を出展したカテゴリが、音声アシスタントとクラウドAI(人工知能)を搭載した「スマートスピーカー」だ。

 以前からからグーグルの「Google Home」、アマゾンの音声アシスタント「Amazon Alexa」を搭載したスピーカー「Amazon Echo」(いずれも日本未発売)が注目されるなか、ソニー、パナソニック、オンキヨーら日本メーカーも製品投入を続々と決めた。

IFA 2017には「Amazon Alexa」ブースも出展
[画像のクリックで拡大表示]
パナソニックはグーグルの音声アシスタント「Googleアシスタント」を搭載したスピーカー「SC-GA10」を発表した
[画像のクリックで拡大表示]