アップルがスペシャルイベントで新型iPhone「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を発表した。正面からの見た目や全体的なデザインは、基本的にこれまでの「iPhone 6s/6s Plus」から据え置きなので、一見すると小規模なマイナーチェンジだと感じる。だが、実際にはカメラや電子決済、防塵防滴ボディーなど、改良点は多岐にわたっており、満足度が高まった。デザイン面でも、光沢のある新色「ジェットブラック」は思わず買い替えて手に入れたいと感じさせる魅力を持っていた。

デザインは据え置きだが、所有欲をくすぐるジェットブラックモデル

 ボディーは、待望の防塵防滴構造を採用しつつ肥大化を防いでおり、持った感じはこれまでのiPhoneとまったく変わらない。厚みは7.1mm(iPhone 7)と従来のiPhone 6sと変わらず、重量は逆に5gほど軽くなっている。

 見た目の新鮮さに欠けるiPhone 7/7 Plusにおいて目を引くのが、ジェットブラックの新色だ。ツヤのある仕上げはとても美しく、所有欲を大いにくすぐった。指紋が目立ちやすいのが欠点だが、ケースに入れずに使いたくなる仕上げだ。近年のiPhoneはホワイトのイメージが強かったが、iPhone 7/7 Plusはブラックの印象に変わりそうだ。

 底面のヘッドホン端子が廃止されたのはデメリットといえるが、3.5mm径のイヤホンジャックを備えたLightning接続の短い変換ケーブルが付属するので、実用上はそれほど不便はなさそうだ。充電しながら有線のイヤホンやヘッドホンで音楽を楽しめなくなるので、「iPhone Lightning Dock」などのヘッドホン端子を搭載したドックの需要が増しそうだ。

iPhone 7 Plus。前面から見た印象は、これまでのiPhone 6シリーズとまったく変わらない
[画像のクリックで拡大表示]
背面は、上下にあったラインが廃止され、すっきりとした印象になった
[画像のクリックで拡大表示]
新色のジェットブラックモデルは、光沢のある仕上げが施されているのが特徴。5色のカラバリのなかでも、光沢仕上げはこのカラーのみとなる。目新しさから人気を集めそうだ
[画像のクリックで拡大表示]
こちらはもう1つの新色となるブラックモデル。光沢感のないマットな仕上げで、落ち着いた印象だ
[画像のクリックで拡大表示]
ホームボタンは、感圧タッチ式の「Force Touch」に変わった。見た目はこれまでと変わらず、指紋認証のTouch IDも内蔵する
[画像のクリックで拡大表示]
新たにTaptic Engineを内蔵することで、ボタンを押した際のクリック感を生み出す。通知や電話などに応じて、数種類の振動を発生するという
[画像のクリックで拡大表示]
底面のヘッドホン端子は省略され、一般的なイヤホンやヘッドホンをLightning端子に接続するための変換ケーブルが付属する
[画像のクリックで拡大表示]
ヘッドホン端子を省略したことで、待望の防塵防滴構造に対応した。iPhoneがうっかりプールなどに落ちても破損を防げる
[画像のクリックで拡大表示]
スピーカーを上部にも搭載したことで、横画面時に音声がステレオで楽しめるようになった。上部のスピーカーは、細長いスリットの部分に内蔵しているとのこと
[画像のクリックで拡大表示]