ドン・キホーテがプライベートブランド「ACTIVEGEAR(アクティブギア)」からアクションカムの新製品「コンパクト防水フルHDカメラ(TAC-15S)」を発売した。

ドン・キホーテのプライベートブランド「ACTIVEGEAR(アクティブギア)」から5378円で発売されたアクションカム「コンパクト防水フルHDカメラ(TAC-15S)」
[画像のクリックで拡大表示]

 アクションカムとは、耐衝撃や防水などの性能を高めた小型軽量のカメラ。自転車やスキー、スノーボードといった屋外スポーツやクルマの運転中の動画撮影用にすっかり定着した。また、最近では若い女性がスナップ撮影などにも活用して人気が高まっている。

 この分野では、GoProの製品が有名。ソニー、パナソニックなども製品をラインアップしている。そんな中、TAC-15Sに注目するのはその価格だ。最近は1万円前後で購入できる手軽な製品も増えてきているものの、フルHD対応で実売価格5378円というのは最安クラスだ。しかも、カメラをヘルメットや自転車のハンドルに取り付けるためのマウントや防水ケース、自撮り棒など、一通りのアクセサリーも付属している。

 この安さで果たして使い物になるのだろうか。実際に試してみた。

「TAC-15S」のアクセサリー。左上から防水ケース、カメラをそのままマウントするノーマルフレーム、ノーマルフレーム用のアダプター、パイプに取り付けるパイプマウント、ヘルメット用のマウント、ヘルメットマウントに取り付けるクリップ、ヘルメットマウント用の装着ベルト、延長アーム、70cmまで伸ばせる自撮り棒。普通ならアクセサリー類だけで、製品の価格をあっさり超えそうだ
[画像のクリックで拡大表示]