ソニーは家電見本市「IFA 2017」でさまざまな新製品を大々的に披露したが、同社の発表会でわずかにスライドに掲載されるだけのデビューにとどまったのが、ウォークマンの新しい「A40シリーズ」と新製品「NW-ZX300」だ。

 2016年のIFAでは「黄金のウォークマン」として「NW-WM1Z」が大々的にデビューしたことを考えると、エントリー・ミドルレンジの製品とはいえ、控えめな露出となった。なお、日本国内でも9月5日に発表され、10月7日に発売予定だ。

IFA 2017のスライドに僅かに登場したウォークマン新製品
[画像のクリックで拡大表示]

携帯音楽プレーヤー市場は落ち込み

 ポータブルオーディオ製品全体のトレンドを見ると、今、音楽を聴くための機器をけん引しているのはスマホ。ユーザーはスマホ購入をきっかけにして、さまざまな音楽周辺機器を購入するようになる傾向が強い。

 特にソニーが「1000Xシリーズ」という目玉商品を投入したワイヤレスヘッドホン・イヤホン市場は、前年比200%前後という規模で拡大を続けている。

 もちろん同社が推進する「ハイレゾ対応」など、高音質の訴求は一定の成果をあげており、ハイレゾ対応の携帯音楽プレーヤー、ヘッドホン、スピーカー合計で110%程度と市場は緩やかに拡大している。しかし、携帯音楽プレーヤーの市場だけを見ると2017年は前年比87%にとどまると見込まれている。今年7月にはアップルが「iPod nano」および「iPod Shuffle」の販売を終了したことも、市場全体の需要の落ち込みを感じさせずにはいられない。

 市場に逆風が吹くなかでデビューを飾ることになったウォークマンA40シリーズとNW-ZX300だが、音楽をカジュアルに聴くための主役の座を譲ったからこそ見られる差異化が随所に見てとれる。

「ハイレゾ」を訴求したのもウォークマンではなく、Xperia XZ1のスライドだった
[画像のクリックで拡大表示]
1000Xシリーズをはじめとしたワイヤレス・ノイズキャンセルヘッドホンがソニーの今年の目玉。IFAではブースの中央部を確保していた
[画像のクリックで拡大表示]
ウォークマンはカウンター型の専用試聴コーナーを設けていた
[画像のクリックで拡大表示]