アップルが新型iPhone「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を発表。2色の新色のうち、美しいツヤのある「ジェットブラック」が目を引く
[画像のクリックで拡大表示]

 2016年9月7日(現地時間)、アップルが米サンフランシスコでスペシャルイベントを実施し、新型iPhone「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を発表した。基本的なデザインは従来モデル「iPhone 6s/6s Plus」から据え置かれたが、カメラ機能の強化やFeliCaでの電子決済に対応するなどの機能強化が図られた。

 日本での発売は9月16日(予約は9月9日から)の予定で、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3キャリアが取り扱いを発表するとみられる。

 iPhone 7とiPhone 7 Plusのおもな特徴は以下の通り。

■新色「ブラック」「ジェットブラック」を追加

→スペースグレイを廃止。シルバー、ゴールド、ローズゴールドは継続し、新たにブラック、ジェットブラックを追加。カラーバリエーションは合計5色に

■ホームボタンを感圧タッチ式の「Force Touch」に変更

→物理的なスイッチをやめ、iPhoneの液晶パネルと同様の感圧タッチ技術を搭載。経年による故障が減ることが期待できる

■IP67規格対応の防塵防滴構造を採用

→iPhoneユーザー待望の防塵防滴ボディーに一新。IEC規格60529にもとづくIP67等級の耐水性能を備え、風呂場やプールサイドなどの水がかかる場所でも使える

■ヘッドホン端子を廃止、Lightning接続の変換コネクターを付属

→3.5mm径のヘッドホン端子を廃止。有線タイプのヘッドホンやイヤホンは、本体に付属する変換コネクターを経由し、Lightningコネクターに接続して利用する

■非接触型決済サービス「FeliCa」に対応

→新たにFeliCaの機能を搭載することで、電子マネー「おサイフケータイ」やJR東日本の「モバイルSuica」などに対応する

■iPhone 7 Plusはデュアルカメラを搭載

→広角レンズと中望遠レンズの2つを搭載して望遠撮影が可能になるほか、深度情報を基にして被写体の背景を大きくぼかす撮影が可能になる「ポートレートモード」を搭載

■iPhone 7にも光学式手ぶれ補正機構を搭載

→これまで光学式手ぶれ補正機構は5.5型液晶搭載のiPhone 6 PlusやiPhone 6s Plusにしか搭載されていなかったが、晴れて4.7型液晶のiPhone 7にも搭載

iPhone 7 Plusのカメラはデュアルカメラとなり、豊かなボケのある撮影や望遠撮影が楽しめるようになった
[画像のクリックで拡大表示]
底面のヘッドホン端子は省略された。Lightning端子に接続する変換ケーブルが付属するほか、ケーブルレスのワイヤレスイヤホン「AirPods」を新たに用意
[画像のクリックで拡大表示]

 詳細は追って掲載する予定だ(詳細記事はこちら:触って分かった! iPhone 7の進化点【現地レポート】) 。

(文/磯 修=日経トレンディネット)