2016年9月5日、LINEは格安SIM・格安スマホ事業である「LINEモバイル」サービスの提供を発表した。子会社のLINEモバイルが事業を運営し、NTTドコモのネットワークを利用するMVNO(仮想移動体通信事業者)としてサービスを提供する。

 正式サービスは10月1日からだが、9月5日より、先着2万契約まで先行販売を開始した。

LINEの子会社、LINEモバイルが運営する「LINEモバイル」を発表
[画像のクリックで拡大表示]

Twitter、Facebookも使い放題に

 主な料金プランは、月額500円でLINEトーク・通話が使い放題で通信量1GB「LINEフリー」プランのほか、SMS(ショートメッセージ)や音声通話に対応したプランも用意。通信量3GB以上のプランはTwitterやFacebook利用時の通信量も使い放題となる(ライブストリーミングは対象外)。

 発表会ではまずLINEのCSMO(最高戦略・マーケティング責任者)の枡田淳氏が登壇。日本のスマートフォンの普及率は56.9%にとどまっている理由は月額料金の高さや過剰なサービスにあると指摘。「価格・品質とさらなるプラスアルファを実現するために、LINEはMVNO事業に進出する」と話した。

 LINEモバイル社長の嘉戸彩乃氏は「ユーザーの利用シーンに応じたシンプルなサービスを提供する」として、サービスの方針と内容を説明した。

今回のサービス発表の内容は「LINEモバイル 1.0」に位置づけられるという
[画像のクリックで拡大表示]

 LINEモバイルはTwitterなどの使い放題に加えて、LINEアプリを利用したサービスが特徴だ。毎月の通信量の確認やカスタマーサポートなどは、LINEアプリのトーク画面から利用できる。これはAndroid版のLINEアプリだけでなく、iOS版のLINEアプリでも利用可能。一部機能はWindows 10 Mobile向けLINEアプリでも利用できるという。

LINEアプリ上で「LINEモバイル」とのトークを開くと、通信量の確認や契約の変更を確認できる
[画像のクリックで拡大表示]

 LINEの年齢認証とID検索にも標準で対応している。LINEの年齢認証は他の格安SIMでは利用できないことから、LINEに対応の要望が寄せられている機能だ。

 LINEの舛田氏によると「MVNOでは契約者と実際の利用者の判別が難しく、LINEモバイルが初めての取り組みだ」という。格安SIM、格安スマホでLINEの年齢認証、ID検索を利用できるのは当面LINEモバイルだけという状況が続くようだ。

 また今後の方針として、LINE MUSICも使い放題の対象にするほか、現在はオンラインでの契約のみだが実店舗での販売も検討していることも明らかにされた。

LINEの年齢認証とID検索にも対応
[画像のクリックで拡大表示]