どんな選び方が得なのか?

 まずOffice 365は企業ユーザー向けで、基本的に個人で購入して利用するものではない。個人で利用する場合は、Office 365 Soloを購入する、Office 2016を購入する、Office Premiumがプリインストールされているパソコンを購入する、の3択になる。

●これからパソコンを購入する場合

 マイクロソフトオフィスが必要で、パソコンをこれから購入するなら、Office Premiumが付属する機種を選ぶのがおすすめだ。買い切り型なので毎年料金を支払う必要はなく、最新バージョンが出れば無料で更新できるし、Office 365サービスを1年間無料で利用できる。ただし、そのパソコンでしか使えないことに注意しよう。

 機種によってはOffice Premiumの有無を選べるものがあるが、その差額はOffice Home & Business Premiumの場合で2万円台半ばだ。あとから3万円以上するOffice Home & Business 2016を買い足すよりも、最初からプリインストールされているパソコンを買うほうが安上がりといえる。

●すでにパソコンを持っていて、マイクロソフトオフィスが必要になった場合

 マイクロソフトオフィスがプリインストールされていないパソコンを使っていたが必要になった、そんな場合はOffice 365 SoloかOffice 2016を購入することになる。常に最新バージョンを使いたいなら、おすすめはOffice 365 Soloだ。1TBのオンラインストレージを含むOffice 365サービスも使える。

 定期的な支払いが必要なサブスクリプション型になじめない、最新バージョンが出ても更新せずにサポート期限終了まで使い切れればいいという場合は、Office 2016でもいいだろう。

(文/湯浅英夫=IT・家電ライター)