いいとこどりの「Office Premium」

 大手メーカーのパソコンの多くには「Office Premium」と呼ばれるマイクロソフトオフィス製品がプリインストールされている。

Office Premiumはパソコンのプリインストール用の製品で、店頭では販売されていない
[画像のクリックで拡大表示]
パソコンのスペック表では「Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス」などと記載されることもある
[画像のクリックで拡大表示]

 Office 2016と間違えやすいが、「Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス」や「Microsoft Office Personal Premium」といったように、製品名に「Premium」が含まれているのがこれに当たる。パソコンのプリインストール向けの製品で、単体では販売されていない。

 Office 2016と同様に買い切り型の永続ライセンス型だが、Office 365 Soloのように常に最新バージョンのものを利用でき、1年間分のOffice 365サービスが付属するのが特徴だ。つまり、購入後にマイクロソフトオフィスの新バージョンが出たら無料で更新できる。Office 2016とOffice 365 Soloのいいとこどりをした、お得な製品と言える。

 注意点は、ライセンスが購入者ではなく、購入したパソコンにひもづけられていて、プリインストールされているパソコンでしか利用できないことだ。そのパソコンの寿命がOffice Premiumの寿命と言える。複数のパソコンでの利用もできない。

 付属するOffice 365サービスは1年分のみだが、延長したい場合はOffice 365サービスを更新するためのパッケージが販売されているので、これを購入すればよい。

Office 365サービスを延長したい場合は、更新パッケージを店頭かオンラインで購入する
[画像のクリックで拡大表示]
●Office Premiumの特徴
・パソコンのプリインストール向け
・買い切り型で永続ライセンス
・常に最新バージョンのオフィスソフトを利用できる
・1年分のOffice 365サービスが含まれる
・そのパソコンでしか使えない