「Amazon Echo」の販売台数が2016年の11月で500万台を突破するなど、米国でブームを巻き起こしているスマートスピーカー。米Googleも「Google Home」の販売を開始し、米Appleも2017年中に参入する(関連記事「有力IT企業がスマートスピーカーに注力する理由とは?」)。一方、国内では言語の壁からか有力企業から日本語対応のスマートスピーカーはまだ登場していない。そんな中、先行体験版ではあるが、LINEが日本語対応のスマートスピーカー「WAVE(ウェーブ)」を出荷した。家電などに詳しいライター、小口覺氏に使用感を聞いてみた。

 8月末、LINEのスマートスピーカーWAVEの先行体験版が自宅に届いた。当初の予定は、7月下旬から8月上旬発送で、遅れが生じてこのタイミングとなったわけだが、その完成度と実用性はいかに? 先行体験版のメイン機能である音楽再生機能やLINE MUSICとの連携機能を中心にレポートしよう。

UFOのような浮遊感が近未来的?

 まずはWAVEの外観からチェックしていこう。

 本体は上に行くほど直径が小さくなる円錐形をしている。重さは約1kgあるので、手が当たった程度のことで倒れることはない。本体側面の底に近いシルバーの部分は、音声コマンドを認識する準備ができたときや音楽再生時などはLEDが点灯する。点灯しているときは、なんとなくUFOのような浮遊感がある。

 本体の正面にはマイクのON/OFFボタンと電源ボタンがあり、それぞれ点灯する。上部にはタッチボタンの音量調整ボタンや再生・一時停止ボタンなどが配置されている。本体の大部分が、スピーカーによく使われているネットで覆われているからかもしれないが、全体に安っぽさは感じられない。

 本体以外の付属品は、電源ケーブルとACアダプター、購入者へのレター(A4サイズ1枚)、および9センチ角ほどの小さな取扱説明書(および保証書)のみ。製品が届く前に、「LINE FRIENDS」のアカウントや登録したメールアドレスあてに、アプリのダウンロード先や初期設定について説明したサイトの案内が送られてきていた。初期設定に紙の厚いマニュアルを必要とするような人は、まだスマートスピーカーやAIスピーカーを使うには早いということだろうか。

「LINE WAVE」先行体験版の実売価格は1万円(税込み)。正式版は秋発売の予定で1万5000円(税込み)
[画像のクリックで拡大表示]
高さは500mlのペットボトル程度。見た目にも実際にも安定感がある
[画像のクリックで拡大表示]
マイクのON/OFFボタンと電源ボタン。マイクをオフ(赤く光った状態)にしておけば、声に反応することはない
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
トップには音量調整ボタンや再生・一時停止ボタン、プリセットのボタンがある。LEDで音量の大小などを表示する
ACアダプターと電源ケーブル。本体は5000mAhのバッテリーを搭載している(駆動時間は公開されていないが、音楽の連続再生なら3~4時間程度は持つ)
[画像のクリックで拡大表示]
ごくごく簡単な取扱説明書(および保証書)。各ボタンや電源の入れ方などが説明されている
[画像のクリックで拡大表示]