ソニーモバイルコミュニケーションズは現地時間2017年8月31日、ドイツ・ベルリンでハイエンドスマートフォンの新機種「Xperia XZ1」と「Xperia XZ1 Compact」の2機種を発表した。販売中の「Xperia XZ Premium」「Xperia XZs」と同じイメージセンサーを搭載し、スーパースロー撮影などができるほか、カメラで顔を3Dスキャンし、アバターなどにして楽しむ「3Dクリエーター」を追加し、カメラを中心に機能を充実させたモデルに仕上がっている。

ドイツ・ベルリンで実施される家電・ITの総合見本市イベントIFA 2017に合わせて「Xperia XZ1」と「Xperia XZ1 Compact」を発表した。持つのはソニーモバイルコミュニケーションズのEVP, Global Sales & Marketingである古海英之氏
[画像のクリックで拡大表示]

ついに背面下部の継ぎ目がなくなった「Xperia XZ1」

 Xperia XZ1は、「Xperia XZ」「Xperia XZs」の系譜を継ぐ、5.2インチディスプレーを搭載したスタンダードモデル。Xperia XZsからの進化点の1つがディスプレーで、解像度はフルHD(1920×1080ピクセル)ながら、新たにHDRに対応。4KディスプレーでHDRに対応しているXpeira XZ Premiumと、フルHDでHDR非対応のXperia XZsの中間的な位置付けといえる。

「Xperia XZ1」は「Xperia XZs」などの系譜を継ぐ、5.2インチディスプレー搭載のスタンダードモデル
[画像のクリックで拡大表示]
フルHD画質ながらHDRに対応し、映像をより明るくくっきり再現できるようになった
[画像のクリックで拡大表示]

 オーディオ面では、従来力を入れてきたイヤホン接続時だけでなく、本体だけで音楽を楽しむときの音質にも注力した。Xperia XZ1のスピーカーは前面の上下に配置され、横にしたときにバランスが良い音量になるとのこと。音圧に関しても、対Xpeira XZ比で50%アップしており、本体だけでも大音量のサウンドを楽しめるという。

 デザイン面は、Xperia Xシリーズの特徴になっている、側面から背面に継ぎ目のない「ユニファイドデザイン」を継承。ただし、従来のスタンダードモデルでは、アンテナの性能を高めるために本体下部にあった継ぎ目がなくなったのは大きい。

本体背面。Xperia XZsまで存在しデザイン性を損ねていた下部の継ぎ目がなくなった
[画像のクリックで拡大表示]

 これは、背面のメタル素材にアンテナの機能を兼ねさせ、側面にも上下にアンテナラインを設けることで、アンテナ性能を向上できたため。従来は前面にあったNFCも背面に移動し、一般的なスマートフォン同様、背面をリーダーにかざすことでNFCを使用できるようになった。IP65/68の防水・防じん性能を備えているのもポイントだ。

背面のメタル素材をアンテナに活用し、さらに本体側面にも上下にアンテナラインを入れたことで、アンテナ性能を高めたようだ
[画像のクリックで拡大表示]

 チップセットにはXperia XZ Premium同様、クアルコムのハイエンド機種向け「Snapdragon 835」を採用。4GBのRAM、64GBのストレージ、microSDスロットを搭載する。通信速度は下り最大1Gbps、OSは他社に先駆けて最新の「Android 8.0 Oreo」を採用するなど、フラッグシップモデルにふさわしい最新の機能・性能が満載だ。カラーはブラック、ウォームシルバー、ムーンリットブルー、ヴィーナスピンクの4色をそろえる。

チップセットは「Snapdragon 835」、最新のAndroid OS「Android 8.0 Oreo」もいち早く搭載
[画像のクリックで拡大表示]