ソニーはドイツ・ベルリンで開催されている家電見本市「IFA 2016」で、純度約99.7%金メッキ筐体の機種も含めた、ウォークマン「NW-WM1」シリーズを初披露した。

 「WM1Z」「WM1A」の2モデルで構成されるフラッグシップモデルで、実売価格は上位機種のWM1Zが3300ユーロ(約38万円相当)、下位機種のWM1Aが1200ユーロ(約14万円相当)。どちらも超ハイエンドモデルだ。

「NW-WM1」シリーズの上位機種「WM1Z」
[画像のクリックで拡大表示]

 近年のハイエンドウォークマンの音質の作りこみは、筐体設計がポイントとなっている。そこでWM1Zでは、カッパー(銅)素材の無酸素銅(純度99.96%以上)のシャーシに、なんと高純度の金メッキ(純度約99.7%)で塗装。これにより接触抵抗を下げて音声信号のロスを抑えることができ、高音質化に寄与している。

 筐体内部だけでなく外装にも金メッキ塗装が行われており、つや消しの鈍いゴールドの輝きを放つ、まさに黄金に輝くウォークマンが誕生したことになる。

 WM1Zの本体重量は、銅の素材の重さもあり455gと、ポータブルプレーヤーとしては相当な重量級。30万円以上する価格に相応しい、規格外のハイエンド音楽プレーヤーだ。

 なお、弟分モデルであるWM1Zはアルミ総削り出しシャーシで、筐体カラーはブラック、重量は267gだ。

筐体内部と外装どちらも金メッキ塗装されている
[画像のクリックで拡大表示]