夕方18時台の速度は?

 最後に、18時台の通信速度を見てみよう。以下の表は、18時台に東京・新宿駅周辺、東京・秋葉原駅周辺、長野・佐久平駅周辺で測定した通信速度をまとめたものだ。

18時台の東京・新宿駅周辺(8月22日)における測定結果
[画像のクリックで拡大表示]

 新宿駅周辺の18時台のYouTube再生時の下り平均速度は3.57Mbpsで、前回7月の3.99Mbpsから少し遅くなった。速度測定アプリの下り平均速度は4.00Mbpsで、前回の5.48Mbpsより落ち込んでいる。

 YouTube再生時の下り平均速度が最も速かったのはLINEモバイルの9.43Mbpsで、前回の9.45Mbpsと変わらないレベル。速度測定アプリの下り平均速度が速かったのは楽天モバイルの20.36Mbpsだが、YouTube再生時の速度は1.98Mbpsにとどまった。

 YouTube再生時の下り平均速度が最も遅かったのは、FREETEL SIMの0.63Mbps。速度測定アプリの結果も1.05Mbpsと苦戦している。

18時台の東京・秋葉原駅周辺(8月22日)における測定結果
[画像のクリックで拡大表示]

 秋葉原駅周辺の18時台のYouTube再生時の下り平均速度は2.76Mbpsで、前回7月の3.29Mbpsから遅くなった。速度測定アプリの下り平均速度は2.93Mbpsで、前回の6.10Mbpsから半減してしまった。

 YouTube再生時に最も速かったのは、LINEモバイルの6.25Mbps。速度測定アプリの下り平均速度が最も速かったのは、楽天モバイルの11.75Mbpsだった。

 一方、YouTube再生時の下り平均速度が最も遅かったのは、FREETEL SIMの0.53Mbps。速度測定アプリの下り平均速度はmineo(Dプラン)の0.78Mbpsが最も遅かったが、YouTube再生時の速度は4.65Mbpsと十分だった。

18時台の長野・佐久平駅周辺(8月28日)における測定結果
[画像のクリックで拡大表示]

 長野県佐久平駅周辺では18時台のYouTube再生時の下り平均速度は2.60Mbpsで、都内2カ所とは異なり前回7月の1.44Mbpsから改善が見られる。速度測定アプリの下り平均速度は4.09Mbpsで、こちらも前回の2.62Mbpsから改善している。

 YouTube再生時の下り平均速度が最も速かったのは、mineo(Dプラン)の5.65Mbpsだ。速度測定アプリの下り平均速度は、BIGLOBE SIMの7.44Mbpsが最も速かった。

 一方で、FREETEL SIMはYouTubeと速度測定アプリの双方が最も遅いという結果に。速度はYouTubeが0.44Mbps、速度測定アプリが1.03Mbpsだった。

18時台の結果をまとめると?

 以下のグラフに、18時台の3地点における各社の平均値をまとめてみた。

18時台の3地点における平均値
[画像のクリックで拡大表示]

 3地点全体のYouTube再生時の下り平均速度は2.97Mbpsで、前回7月の2.91Mbpsと同レベルだった。速度測定アプリの下り平均速度は3.67Mbpsで、前回の4.73Mbpsから遅くなった。

 YouTube再生時の下り平均速度が最も速かったのは、LINEモバイルの6.59Mbpsだった。5.78Mbpsのmineo(Dプラン)、4.43MbpsのOCN モバイル ONEがこれに続く。

 速度測定アプリの下り平均速度は楽天モバイルの12.42Mbpsが最速だったが、YouTube再生時の下り平均速度は1.80Mbpsにとどまった。FREETEL SIMはYouTubeも速度測定アプリも振るわず、どちらも1Mbpsを割り込んでいる。

 なお、12時台に続き18時台もYouTubeはおおむね途切れずに読み込まれていたが、佐久平における測定時にBIGLOBE SIMの読み込み速度が再生にギリギリ間に合わず、2秒間だけ途切れてしまう場面があった。