[画像のクリックで拡大表示]

 一時期よりもユーザーの伸びは鈍りつつあるものの、今もって「格安SIM」の人気は高い。大手携帯電話会社よりもコストが安いだけでなく、段階的な容量設定や時間指定での速度制限など、特徴的な料金プランが選べたり、特定アプリの通信が無料になるようなオプションサービスがあったりするのも格安SIMのメリットだ。

 しかし、格安SIMには大手携帯電話会社よりも通信速度が不安定というデメリットがある。ユーザーの利用が集中する平日の12時台や夕方から夜にかけての時間帯において、特に通信速度が遅くなりやすい。

 そこで、日経トレンディネットの専門サイト「格安スマホはこう選べ!」では、格安SIMの通信速度の実態を探るべく、実際に格安SIMを契約して通信速度のテストを実施している。

 前回2017年7月に実施したテスト(関連記事:「YouTubeは快適? 格安SIMの速度測定ランキング【17年夏】」)に続き、格安SIMのなかでもシェアや注目度が高い「IIJmioモバイルサービス(タイプD)」「楽天モバイル」「イオンモバイル」「OCN モバイル ONE」「LINEモバイル」「BIGLOBE SIM」「mineo(Dプラン)」「FREETEL SIM」の8つの格安SIMについて、実際に通信速度を測定した。

 なお、本連載では2016年5月の初回測定以降、イードの速度測定アプリ「RBB SPEED TEST」の結果をもとにランキングを決定してきたが、格安SIMにおける実際の利用環境をより反映するために、前回からはYouTube再生時の平均速度をもとにランキングを決定する方法に改めた。

 その前回はYouTube再生時の下り平均速度6.23Mbpsを記録したmineo(Dプラン)がトップを獲得。これに、2位のOCN モバイル ONE(同5.67Mbps)、3位のLINEモバイル(同5.27Mbps)が続いた。今回はどういう結果になるのだろうか。

速度測定を実施した格安SIMの一覧

[画像のクリックで拡大表示]

 測定を実施した場所は、新宿駅周辺と秋葉原駅周辺(いずれも都内)の人口密集地と、地方都市の佐久平駅周辺(長野県佐久市)の3カ所。通信速度が比較的良好な9時台と、通信速度が遅くなる12時台および18時台に測定を行った。測定日は平日で統一し、都内の2カ所は8月22日(火)、佐久平駅周辺は8月28日(月)に実施した。

都内2カ所での測定は8月22日に実施。首都圏が夏休み期間中であると同時に海外からの旅行客も多いのか、新宿駅周辺、秋葉原駅周辺ともに7月よりも混雑していた(新宿駅南口・バスタ新宿にて撮影)
[画像のクリックで拡大表示]
筆者が住む長野県佐久市では8月28日に測定。地元の小中学校ではすでに2学期が始まっているが、駅前には旅行客らしき姿がちらほらと見られた(佐久平駅前にて撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 測定に用いた端末はASUS(エイスーステック・コンピューター)の「ZenFone 2 Laser(ZE601KL)」。前述のように、通信速度の計測には速度測定アプリのRBB SPEED TESTを用いた。各地点で5回ずつ速度を測って平均値を算出し、最大値と最小値も併記している。

 ただ、速度測定アプリで測れるのは設備が発揮できる最大の速度だ。格安SIMではアプリに応じて通信帯域を調整することもあり、体感速度と測定結果が一致しない場合もある。

 そこで、実際の使用環境の指標として、YouTubeの動画再生時の下りの通信速度も記録している。

 計測方法は以下の通り。Lufesuの「通信速度モニター」を用いて1秒ごとの最大通信速度を画面上に表示した状態で動画を再生し、その様子をHecoratの動画キャプチャー「AZスクリーンレコーダー」で記録。AZスクリーンレコーダーで録画された動画を再生して1秒ごとの通信速度を目視で集計し、動画の読み込みが終了するまでの平均速度を算出している。