マリンスポーツやスキー、ラフティングなどアウトドアでの撮影に適したカメラとして人気を集める「GoPro(ゴープロ)シリーズ」。ここ最近で、女性の利用者も増えており、「GoPro女子」が急増中だ。旅先でのスナップ写真の撮影といった用途での利用が中心だ。写真・動画に特化したSNS「Instagram」に、より美しい写真を投稿したいという心理を表す「インスタ映え」が流行の背景にある。

 「GoProのレンタルを申し込む女性が増加した影響から、この1年でレンタルの申し込み件数は3~4倍に拡大した」

 こう明かすのは、レンティオ(東京都品川区)の三輪謙二朗社長だ。レンティオは、人気の家電製品をWebサイトから借りられるサービス「Rentio(レンティオ)」を展開するベンチャー企業。「カメラ」「キッチン家電」「ロボット」といった約20カテゴリーで、デジタルカメラやロボット掃除機「ルンバ」、フィリップスの調理家電「ノンフライヤー」といった4000商品を貸し出している

 例えば、「ルンバ876」は7泊8日で4980円、リコーの全天球カメラ「THETA S」は3泊4日で4980円で借りられるほか、ソフトバンクの人型ロボット「Pepper」も7泊8日で6万9800円で借りられる。「実際に製品を購入する前の試用目的と、結婚式でインスタントカメラの『チェキ』を使いたいといった目的に応じて借りることが主な顧客の用途になっている」と三輪氏は説明する。

家電製品のレンタルサービス「Rentio」では約20カテゴリー、4000商品を貸し出している
[画像のクリックで拡大表示]
ソフトバンクの人型ロボット「Pepper」も7泊8日で6万9800円で借りられる
[画像のクリックで拡大表示]