ソニーはドイツ・ベルリンで開催中の家電見本市「IFA 2017」のプレスカンファレンスで、同社初となる、イヤホンの左右が独立した完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000X」を発表した。日本でも後日発売されるとみられる。

 2016年に発売されたアップル「AirPods」の発売から完全ワイヤレスイヤホンブームの火が付いているが、ついにオーディオ業界の巨人も動いたことになる。

「IFA 2017」ソニーのプレスカンファレンスで発表された「WF-1000X」
[画像のクリックで拡大表示]
ソニーブースでも「WF-1000X」の実機を出展。欧州での価格は220ユーロ(日本円で2万9000円相当)
[画像のクリックで拡大表示]