最近のオーディオ市場では、ワイヤレスイヤホンなどスマートフォンで手軽に音楽を楽しめる製品が多く登場する一方で、高音質ヘッドホンや高音質DAP(デジタルオーディオプレーヤー)といった音質にこだわる製品も人気を集めている。特に若い世代のユーザーには、それらの機器でアニソン(アニメソング)やゲームソング、初音ミクなどのボーカロイド曲を聴く人が多い。

 そういった動きのなか、オーディオメーカー各社はアニメなどとのコラボ製品を数多く発売している。

 オンキヨー&パイオニアは、『ガールズ&パンツァー(ガルパン)劇場版』とコラボしたハイレゾ対応の高音質スマホ「GRANBEAT」を今年7月に期間限定で発売。女性層を中心にヒットしたアニメ『おそ松さん』のコラボヘッドホンやイヤホンなど、さまざまなコラボモデルも販売している。

オンキヨーの『ガールズ&パンツァー劇場版』とハイレゾスマホ「GRANBEAT」のコラボモデル。9万9900円(税込・送料込)の本格モデルとなっている。右の手りゅう弾型Bluetoothスピーカー「PHILIPS SBT30」もガルパンコラボモデルだ
[画像のクリックで拡大表示]

 この傾向は、他社にもある。ソニーは初音ミクや『ファイナルファンタジーXV』、『劇場版ソードアート・オンライン』など、ゲームやアニメ、アーティストとのコラボモデルを数多く手がける。高音質DAPで知られるiriverのAstell&Kernブランドも、昨年『けいおん!』モデルを限定発売した。

ソニーの「ウォークマンAシリーズ 初音ミク10周年記念モデル」(3万2880円)。「鏡音リン・レン」「巡音ルカ」モデルや、「ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go (SRS-HG1)初音ミク10周年記念モデル」の予約も実施していた
[画像のクリックで拡大表示]

 なぜ今、各社はアニメとのコラボに力を入れているのか。近年、数多くのコラボ製品を販売しているオンキヨー&パイオニア イノベーションズのネットワークサービス事業本部クロスマーケティング課エグゼクティブプロデューサーの亀井隆司氏に聞いた。