本物が欲しいという声に応える

――今回のガルパンもそうですが、アニメ作品とのコラボは何をきっかけに決まるのですか。

亀井: ガルパンの場合は、横浜で開催された「ガールズ&パンツァー 劇場版 シネマティック・コンサート」の協賛の依頼をいただいたことがきっかけです。そこからコラボ製品の企画につながりました。2017年2月ぐらいですね。ですので、製品にはコンサートの一部をハイレゾでレコーディングしたものも収録しています。

 コラボ企画は依頼をいただく場合や、われわれから提案する場合もあります。われわれから提案する場合は、作品自体の内容や音へのこだわりを重視してお願いしています。

 例えば「THE IDOLM@STER」(アイドルマスター)シリーズに関しては、交渉に1年ほどの期間をかけました。各種コラボ企画はかなり先までのスケジュールを立てており、現在では20ほどの企画を進めています。

――近年、オンキヨー&パイオニアを含め各社からオーディオとアニメなどのコラボ製品が増えました。低価格なアニメグッズとの違いは何でしょう。

亀井: 私自身、アニメ関連のグッズやコラボなどを手掛けてきた経歴があるので、今のアニメファンが「本物」「本格的」なものが欲しいという思いは分かります。それに応えるため、可能な限り作品のプロデューサー側と相談し、コラボ製品内容から提供方法まで考えています。

――アイマスコラボのヘッドホンはゲーム中に出てきて驚きました。

亀井: それはコラボならではだと思います。『BanG Dream!(バンドリ!)』のRoselia(ロゼリア)モデルのヘッドホンも、声優さんに実際のライブイベントで使っていただいています。バンドリ!はアニメ作品ですが、声優さん自身が楽器を弾くライブイベントもあるからこその展開ですね。

[画像のクリックで拡大表示]
『THE IDOLM@STER』シリーズのコラボヘッドホン「SE-MX9 THE IDOLM@STER」。パイオニアの上位機種で価格は3万2000円(税抜)だったが、2016年10月と2017年1月の2度予約が実施された。バンダイナムコエンターテインメントの「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」作中にも登場している
[画像のクリックで拡大表示]
『BanG Dream!』コラボモデル第2弾の、パイオニア SE-MX8-K「Roselia」モデル。2万5000円(税込・送料込)で予約を実施していた。
[画像のクリックで拡大表示]