最近は、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)、MR(複合現実)など、現実に画像や映像、文字などを組み合わせる技術がゲームや展示などに応用され、話題を集めている。そんな中、能楽の会派・宝生流とソニー、大日本印刷が共同で、ARを利用した能楽鑑賞システムの実証実験を行うと聞いた。ウエアラブルデバイスを使い、能の舞台上に字幕を表示させることで、能楽鑑賞の障壁を下げるのが狙いだ。でも本当にARで能は分かりやすくなるのか?……興味を引かれ、実証実験に観客として参加させてもらうことにした。

 最初に宣言しておくが、伝統芸能の中でも、記者は能が苦手である。というのも、歌舞伎は衣装も舞台セットも用意されていて、演出も派手。ストーリーが追いやすい。狂言は舞台セットがない分、地味だが、ストーリーが短くてシンプルなので、理解できる。一方、能は舞台セットがない上に、ストーリーが長く、その間に場面転換もするし、登場人物もいろいろ出てくる。それなのに、ストーリーを追う手がかりは、現代人には聞き慣れないせりふに節をつけた「謡」(うたい)と、場面場面で楽器陣がならす「囃子」(はやし)しかない。だから、面や型、囃子の種類など、能ならではの決まり事をあらかじめ理解していないと、全然ストーリーについていけないのだ。「分からなくなった……」と思っているうちに睡魔が襲ってくる。恥ずかしながら、過去3回見に行って、3回とも船を漕いだだけだった。だからこそ、ARには並々ならぬ期待をして参加したわけだ。

 なお、この日の演目は「土蜘蛛」。和紙でできた蜘蛛の糸を投げ放つ有名なシーンがある代表作で、私も一応知っている。上演時間は1時間弱といったところである。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
「土蜘蛛」は、武者たちが巨大な蜘蛛の精を倒す話。土蜘蛛が蜘蛛の糸を投げるシーンは、謡も囃子も盛り上がる。能の中ではストーリーが分かりやすく、演出も派手な部類だとは思う(撮影:伊東祐太)