超小型コンピューターを使った電子工作などを楽しむギークな人々を指す言葉“メイカーズ(Makers)”。最近は、プログラミング教育の必修化やSTEM教育への注目度の高さから、自分の子どもを将来はメイカーズにしたい(?)と考える親たちからも関心が高まっている(関連記事「プログラミングの次はメイカーズ!日本で根付くか?」。そのメイカーズな人々が一堂に会するイベント「Maker Faire Tokyo 2017」(以下、MFT)が2017年8月5日、6日の2日間、東京ビッグサイトで開催された。

過去最大の会場規模で開催された「Maker Faire Tokyo2017」
[画像のクリックで拡大表示]

 筆者には来年小学校に上がる長男がおり、プログラミングやSTEM教育は目下の関心事。長男本人も映画やアニメの影響で「将来は自分で戦闘用のスーツを作ってみたい」と日ごろから工作にいそしんでいる。MFTは子どもの興味をさらに引き出す絶好の機会と思い、長男を伴ってイベントに参加した。

男性2人連れやカップル、親子連れなどさまざまな人が訪れていた
[画像のクリックで拡大表示]