「VRの世界でいきなりヒーローになってもつまらない。自分自身のままでVRの世界に入っていくからこそ面白い」――そう語るのは、バンダイナムコエンターテインメントでVRを使ったアトラクションの開発に携わってきたAM事業部エグゼクティブプロデューサーの小山順一朗氏、通称“コヤ所長”だ。

 2017年7月、東京新宿歌舞伎町にバンダイナムコエンターテインメントのアミューズメント施設「VR ZONE SHINJUKU」がオープンした。「ドラゴンボール」「新世紀エヴァンゲリオン」「マリオカート」などの人気IP(ゲーム・アニメのタイトルやキャラクターなどの知的財産)を使ったVR(Virtual Reality、仮想現実)アトラクションが最大の売りで、家族や友人など複数人で楽しめるものが多数用意されている。VRを使ったアミューズメント施設が増えてきたが、その中でも規模・内容ともにトップクラスと言える。

バンダイナムコエンターテインメントのアミューズメント施設「VR ZONE SHINJUKU」
[画像のクリックで拡大表示]
中にはVRを使ったアトラクションがずらりと並んでいる
[画像のクリックで拡大表示]

 バンダイナムコエンターテインメントは、いきなりこの施設を作ったわけではない。まず昨年4月に期間限定でVRを使ったアミューズメント施設「VR ZONE Project i Can」を東京お台場に開設。その中でも人気の高いアトラクションを東京以外にも展開したり、『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』とのタイアップで「ドラえもんVR『どこでもドア』」を東京ソラマチに展開するなど、VRアトラクションの開発や施設運営の経験を積み重ねてきた。VR ZONE SHINJUKUは、そこで得られた知見を生かし、満を持してオープンしたものだ。

 バンダイナムコエンターテインメントは、今やIPとVRを使ったアトラクションの開発で世界の最先端に位置するといえる。その開発の中心にいるのがコヤ所長だ。そのコヤ所長に、IPやVRを使ったアトラクション開発の難しさや裏話、今後の展望などについて話を聞いた。