2020年の実用化を目指し、各社が開発を進める高速・大容量モバイル通信規格「5G(第5世代移動通信方式)」。NTTドコモは、5Gのエンターテインメント分野での有効性を検証すべく、8月4日から6日まで開催されたアイドルライブイベント「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」(以下、TIF2017)で実証実験を行った。

 実証実験の主役は、フジテレビとドコモが共同で開発した新サービス「JidorAR(ジドラー)」。JidorARは、「自撮り+AR(拡張現実)」を意味する造語で、高速・大容量、低遅延が特徴の5Gを活用することで実現可能になったコンテンツだ。

 JidorARを使うと、あらかじめ3Dスキャナーで撮影した3Dアバターを、スマホのカメラからの背景映像に、AR機能を通じて合成表示できる。TIF2017では、ユーザーがあたかもステージ上でアイドルと共演しているかのような映像をスマホで楽しめる。スマホのキャプチャー機能で好みのシーンの“自撮り”も可能だ。

 TIF2017の会場では、JidorARの体験会が3日間にわたり「NTTドコモ×フジテレビ 5Gステージ」で行われた。初日は、今年6月にメジャーデビューを果たし、人気急上昇中のアイドルグループの「まねきケチャ」と、事前に応募した約100人のファンが“AR共演”を果たした。

まねきケチャは2015年8月にお披露目された4人組のアイドルグループ
[画像のクリックで拡大表示]