いよいよ始まるリオデジャネイロオリンピック(2016年8月5日~8月21日)。観戦を楽しみにしている人も多いだろう。しかし、開催地のブラジルは日本から見て地球の裏側にあり、時差が12時間ある。たとえば現地時間で午後1時に始まる競技を生中継で見ようと思ったら、日本時間では夜中の午前1時。夕方4時開始の競技なら午前4時、夜7時開始の競技なら朝7時ということになる。自宅で生中継をじっくり楽しむのはかなり厳しい。

NHKと民放は2000時間超の動画を配信

 オリンピックの観戦に役立てたいのが、NHKや民法テレビ局によるインターネット配信だ。地上波やBSよりも多くの競技がネットで配信されるし、リアルタイムで見られなかった人のための見逃し配信、おいしいところだけを見たい人のためのハイライト動画の配信もある。スマートフォンを活用すれば、出先でも競技日程や結果、ニュースなどをチェックできるし、競技開始時刻が近づくと通知してくれる機能もある。通勤時間や寝る前のちょっとした時間などを利用して、オリンピックを楽しもう。

○NHK「NHKリオデジャネイロオリンピック」

パソコンでブラウザーで見られる
[画像のクリックで拡大表示]

 NHKは、現地から送られてくる生中継映像をストリーミングでライブ配信する。放送しない競技・種目も含めて、期間中にライブ配信される予定の録画は2000時間以上。前回のロンドンオリンピックの913時間に比べると、2倍以上だ。多くの種目は現地の会場音声のみになるが、その方が臨場感が感じられるかもしれない。

 ライブ配信した競技・種目を含め、NHKに送られてきたすべての競技・種目の映像は、見逃し配信でいつでも見られる。日本選手の活躍を中心にしたハイライト動画、深夜から午前にかけて行われる競技をコンパクトにまとめた動画も毎日配信する予定だ。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
スマホではNHKスポーツアプリで視聴する。日程表から通知を設定できる。スッキリとまとまった画面で見やすい

 スマホ向けにアプリもある。利用するにはアプリストアで「NHKスポーツ」アプリを検索する。AndroidスマホはGoogle Playから、iPhoneやiPadはiTunesストアからダウンロードする。

○民放テレビ局合同「gorin.jp」

パソコンではWebブラウザーで見られる。番組表はパソコンの大きい画面のほうが見やすい
[画像のクリックで拡大表示]

 「gorin.jp」は、民放テレビ局が共同で運営する動画サイトだ。地上波で放送されない、ほぼすべての競技をストリーミングでライブ配信するほか、試合やインタビュー、セレモニーの様子などのハイライト動画も配信する。スマホ用のアプリには、見たい競技や選手を見逃さないように、5分前や30分前など、細かく時間を設定して通知できるアラーム機能もある。

 gorin.jpでは、民放の地上波・BSにNHKも含めたテレビ局の放送予定を一覧できる番組表が便利だ。ニュースやコラム、選手紹介、競技紹介といったコンテンツもある。「NHKスポーツアプリ」と似たサービスだが、こちらは番組表や広告があるため、スマホよりもパソコンの大画面での利用に向いている。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
スマホでは専用アプリで視聴する。日程表や番組表でアラームを設定すれば見逃し防止になる

 スマホアプリを利用するには、アプリストアで「gorin.jp」アプリを検索。AndroidスマホはGoogle Playから、iPhoneやiPadはiTunesストアからダウンロードする。