いよいよ夏休み。海に山にとレジャーシーズンの到来だ。楽しいシーンをiPhoneのカメラで撮って、思い出に残したいという人は多いだろう。その中には、近ごろよく見かけるiPhone用外付けレンズが気になっている人もいるかもしれない。

 ただ、外付けレンズは100円ショップのものから数万円のモノまでピンキリ。果たして100円のレンズでも使い物になるのか? 逆に数万円のレンズにはそれだけの価値があるのか? 実際にiPhone 7でテストしてみた。

[画像のクリックで拡大表示]

 今回、用意したのは、価格帯が異なる3種類のレンズ。まずは、100円ショップで売られていたクリップ式のもの。クリップにレンズが付いていて、iPhoneのiSightカメラ(リアカメラ)部分を挟むことでレンズの効果を出すことができる。

100円ショップで売られているクリップ式のレンズ。左からマクロレンズ、魚眼レンズ、自撮り用スーパーワイドレンズ(広角)で、店舗ではこの3種類が陳列されていることが多いようだ。今回はセリアで購入した。各100円
[画像のクリックで拡大表示]

 これより高いのが、魚眼レンズ、マクロレンズ、広角レンズの3個セットで1500円前後のレンズ。 外付けレンズを試してみたい人には、このクラスが気になる人が多いのではないだろうか。今回は、通販で手に入るTaoTronicsの製品を使った。こちらもクリップ式だが、クリップがスクリューマウントになっており、レンズをねじ込むことで使い分けられる。さらに魚眼レンズは分割式になっていて、前面部分を外せばマクロレンズにも変身する。

ネット通販などでは、魚眼レンズ、マクロレンズ、広角レンズの3個セットで1400~2000円前後の製品がよくある。今回はアマゾンで購入したTaoTronicsの「TaoTronics 3in1クリップ式カメラレンズセット」。1599円(税込み)
[画像のクリックで拡大表示]

 最後に、2万円超えクラスの高級外付けレンズ。今回使った「ExoLens PRO」(エックスオーレンズプロ) は、あのカールツァイス社と共同開発したレンズを採用している。iPhoneにレンズを装着するアルミ製のブラケットも堅牢かつ高級感あるもので、実際に手に取ると2万5000円という値段も納得だ。大きく重量もあるが、レンズにはT*(Tスター)反射防止コーティングが施されており、コントラストのある高い描写性能を誇る。

ExoLens Proシリーズは「ExoLens PRO ワイドアングルレンズキット」(2万5000円)、「ExoLens テレフォトレンズキット」(2万9000円)を使用
[画像のクリックで拡大表示]
ExoLens テレフォトレンズはiPhoneに装着するとかなり大きくなる
[画像のクリックで拡大表示]