近年、スマートフォンゲームというと、アプリをダウンロードして遊ぶネイティブアプリが中心だったが、ここにきて、ウェブブラウザーで楽しめるブラウザーゲームが盛り上がっている。2017年4月に楽天ゲームスがブラウザーゲームのプラットフォーム「RGames」を開始。5月には、バンダイナムコエンターテインメントとドリコムが新会社BDXを共同出資で設立し、2018年春からブラウザーゲームの配信とプラットフォーム運用を開始すると発表した。

 こうした流れのなか、新たなプレーヤーとして参入したのがヤフーだ。ブラウザーゲームの新プラットフォーム「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」を7月18日に開始する。同社は従来から「Yahoo!ゲーム」を運営しているが、新サービスはパソコンとスマホなど複数のデバイスでデータを連携させ、マルチデバイスで遊べるようにしたのが特徴。サービス開始時点では、『ファイナルファンタジーX/X-2 HD リマスター』などの人気作や、MSX版の『イース』『ザナック』といったレトロゲームなど39タイトルがそろった。今後、スクウェア・エニックスの「ファイナルファンタジー」の新作や、タイトーの「パズルボブル」の新作、コーエーテクモゲームスの完全新作『Turn』(コードネーム)などが登場する見通しだ。

7月18日に行われた「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」のローンチ発表会には、各ゲームメーカーの社長が登壇した
[画像のクリックで拡大表示]
「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」のWebページ
[画像のクリックで拡大表示]