17年のスマホ夏モデルが登場しているが、注目モデルのひとつとなっているのが、ソニーモバイルコミュニケーションズのハイエンドモデル「Xperia XZ Premium」(NTTドコモ)だ。ドコモやau、ソフトバンクモバイルの夏モデル「Xperia XZs」の上位機種として、CPUやディスプレーなどを強化した「最強」と呼べるモデルとなる。

 ネット上の口コミでは、この機種の長所や欠点が話題となっているが、その本当の実力はいかばかりだろうか。実機を使って性能や機能、使用感などをチェックするとともに、死角がないかを探ってみた。

ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia XZ Premium」。カラーはディープシーブラック(左)とルミナスクロム(右)をラインアップ。取り扱いはNTTドコモのみで、機種変更時の機種代金は9万3960円(税込)、月々サポートを反映させた実質負担金は4万5360円(税込)となる
[画像のクリックで拡大表示]

カメラ性能は同じだが……

 最初にXperia XZ PremiumとXperia XZsのスペックを比較しながら、優れている性能や注目したいポイントを確認していこう。

 まず、性能面で差が出ているのはCPUと画面解像度、そしてストレージ容量だ。XZ PremiumではCPUに最新の「Snapdragon 835」を採用し、画面解像度は3840×2160ドット(4K)であるうえに、よりきれいな映像が楽しめるHDR(High Dynamic Range)にも対応。ストレージは64GBに増量されている。

 カメラの性能は両機種とも同じで、ともにメモリー積層型イメージセンサーを採用した「Motion Eyeカメラシステム」を新たに搭載しているのが大きな特徴。これにより、従来のXperiaと比べてカメラ機能は大きく強化されている。

Xperia XZ PremiumとXperia XZsのスペック比較
Xperia XZ Premium Xperia XZs
本体サイズ
(高さ×幅×厚さ)
約156×77×7.9mm 約146×72×8.1mm
重さ 約191g 約161g
画面サイズ 5.5型 5.2型
画面解像度 3840×2160ドット(4K) 1920×1080ドット
CPU 2.45+1.9GHz Octa Core
(Snapdragon 835)
2.2+1.6GHz Quad Core
(Snapdragon 820)
メモリー 4GB 4GB
ストレージ容量 64GB 32GB
カメラ 背面:1920万画素
前面:1320万画素
背面:1920万画素
前面:1320万画素
オーディオ ハイレゾ(アナログ出力)
デジタルノイズキャンセリング
LDAC
ヘッドホン自動最適化
ハイレゾ(アナログ出力)
デジタルノイズキャンセリング
LDAC
ヘッドホン自動最適化
バッテリー容量 3230mAh 2900mAh
NFC ○(Felica含む) ○(Felica含む)
防水防塵 IPX5/8/IP6X IPX5/8/IP6X
指紋認証


「鏡面仕上げ」なので指紋も目立つ

 デザイン面では、画面サイズがXperia XZ Premiumは5.5型、Xperia XZsは5.2型となるため、それに伴って本体サイズや重さ、バッテリー容量はXperia XZ Premiumが大きめとなっている。

 一方、Xperia XZ Premiumは表面と裏面、側面に鏡面仕上げが施されており、「Premium」の名に恥じない高級感を醸し出している。今回はルミナスクロムをチェックしたが、ほぼ「鏡そのもの」といっていいほどの質感だ。

 ただし、滑らかでツヤツヤな表面であるがゆえに、指紋がつくとかなり目立つのはいかんともし難いところ。この点は注意したい。

Xperia XZ Premium(右)はXperia ZXs(左)よりもひと回り大きいが、わずかに薄い。これに加えて、Xperia XZsのように背面下部のつなぎ目もないため、全体的に上質かつスタイリッシュに仕上がっている
[画像のクリックで拡大表示]
背面のメインカメラ部分を見てみると、Xperia ZXs(左)はやや盛り上がっているのに対して、Xperia XZ Premium(右)はフラットなデザインになっているのが大きな違いだ
[画像のクリックで拡大表示]
Xperia XZ Premiumのルミナスクロムは、手鏡の代わりになるほどの高品質な「鏡面仕上げ」といえる
[画像のクリックで拡大表示]