ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズの30周年を記念し、2016年7月24日~9月11日まで東京・渋谷ヒカリエでは体感型展示イベント「ドラゴンクエストミュージアム」が開催される。シリーズIからXまでの世界を、大判の絵画やジオラマなどの立体展示、体感型ゲームなどで味わえる。

 オープンに向け、7月21日にドラクエのゲームデザイナーである堀井雄二さんらによるテープカットとメディア向けの内覧会が行われた。

渋谷ヒカリエ9階の会場入り口にあるポスター。どの勇者が好きだったかでひとしきり語れる
[画像のクリックで拡大表示]

「勇者だったときのことを思い出してほしい」

ドラクエシリーズの生みの親、堀井雄二さん
[画像のクリックで拡大表示]

 ドラクエミュージアムの感想を聞かれた堀井さんは、「当時シンプルなファミコンで作った世界がこうして体験できるようになった。来場する人たちには、自分が勇者だったときのことを思い出してほしい」と語った。特に感心したのはゲーム内の名シーンを再現したジオラマだといい、「立体物なので、ゲームとは違う楽しみ方がある」という。

 テープカットには、テレビ番組の取材でドラクエミュージアムを見終えたばかりのTKO、狩野英孝さん、でんぱ組.incの夢眠ねむさん、宮澤エマさんも参加した。TKOの木下隆行さんは「30年前、14歳で(ドラクエの)最初の冒険に出たときを思い出した」と感慨深げ。TKOの木本武宏さんが「予想以上に盛りだくさん。特にジオラマはもっとゆっくり見たかった」と話すと、狩野さんが「あの名シーンがリアルに見られる。入り口にあるロトの鎧から目を奪われる」と興奮気味に答え、「(狩野さんが)細かい話まで説明してくれるのだが、いつもより流ちょう。全然かまないんです」と木本さんが苦笑する場面もあった。

 ただ1人、「ドラクエをやったことがない」という宮澤さんは、「(ドラクエミュージアムで)世界観を見て惹かれた。これから1つずつやっていけると思うとうれしい」と話し、夢眠さんに「うらやましい!」「帰りにソフトを買ってあげたい!」と言われていた。

テープカットの様子。左から、狩野英孝さん、宮澤エマさん、でんぱ組.incの夢眠ねむさん、堀井雄二さん、TKOの木本武宏さん、木下隆行さん
[画像のクリックで拡大表示]

 このほか、ドラクエ30周年を記念して行われたファンアートコンテストでグランプリを受賞したジジさん、ドラクエIVに登場するマーニャの踊りを再現した「モンバーバラの踊り子コンテスト」でグランプリを受賞したまっしろさんの表彰も行われた。

ファンアートコンテストグランプリのジジさん。ゴーレムとスライムを優しいタッチで描いた。「ドラクエのキャラや世界観が好きなので、それを生み出してくれたことに感謝の気持ちを込めて仕上げた」とのこと
[画像のクリックで拡大表示]
「モンバーバラの踊り子コンテスト」グランプリのまっしろさん。副賞としてプレゼントされたマーニャの衣装に身を包み、ダンスパフォーマンスを披露した
[画像のクリックで拡大表示]