使わないモノや設備などを他人とシェアするシェアリングビジネス。日本でも、クルマを貸し借りするカーシェアリング、空き部屋を旅行者などの宿泊施設として提供する民泊といったサービスが勢いを増しつつある。その流れが、ファッションにもやってきた。なかでも面白い取り組みをしているのが、ブランドバッグのシェアサービス「ラクサス」だ。

 現在、ラクサスが貸し出しているのは、52ブランド・約1万8000個のバッグ。バッグ1個あたりの平均価格は30万円で、この中から好きなバッグを月額6800円(税別)で使い放題というシステムだ。送料は無料。ただし、1度に借りられるバッグは1個だけで、1カ月に2度以上、のバッグを借りる場合は交換するごとに荷造手数料1000円(税別)がかかる。

 運営するのは広島に本社を置くラクサス・テクノロジーズだ。2015年2月にサービスを開始し、2017年7月の時点でアプリのダウンロード数は30万を突破。そのうち実際にバッグを借りている会員は1万2000人だが、サービス開始から現在まで会員数も業績も右肩上がりを維持している。

「ラクサス」はネットを介してブランドバッグを借りられるサービス
[画像のクリックで拡大表示]

 特徴的なのは「継続率95%」という数字だ。ここでいう継続率とは、半年間バッグを借りた人のうち、95%が継続してサービスを利用していることを表している。会員の拡大を受けて、2017年1月には、ユーザーからバッグを預かり、別のユーザーに貸し出す「ラクサスエックス」という個人間シェアサービスも開始した。

 これまでの考え方でいえば、所有欲を満たしてこそ意味がありそうな気がするブランドバッグ。それを「借りる」ことで満足させるサービスの裏には、どんな工夫があるのだろう。ラクサス・テクノロジーズ社のマーケティング担当で副社長の馬場添佳氏に話を聞いた。