トレンド・フォーカス

富士フイルム「X-T2」、3名の写真家が注目する改良点

速写性能に優れるミラーレス一眼

 富士フイルムが2016年9月に発売するミラーレス一眼の新製品「FUJIFILM X-T2」が写真ファンの間で話題になっている。一眼レフカメラ似のスタイルは、2014年2月発売の旧モデル「FUJIFILM X-T1」とほとんど変わらないが、X-T1で指摘されていたオートフォーカスの追従性や電子ビューファインダーの表示性能、誤操作しやすいダイヤル類の欠点を改善。一眼レフ並みの速写性能を備えることで、ミラーレス一眼では難しいとされてきたスポーツや野生動物などの動体もガンガン撮影できるようになった。いち早くX-T2を触る機会に恵まれた3名の写真家に、「X-T2のここが注目できる」「X-T1からこの点が改良されたのはうれしい」など、感じたことをファーストインプレッションしてもらった。

富士フイルムの高性能ミラーレス一眼「FUJIFILM X-T2」(右)。旧モデル「FUJIFILM X-T1」(左)から見た目の変化はほとんどないが、中身は別物に進化した。予想実売価格はボディー単体モデルが17万円前後、18-55mmレンズキットが21万円前後。発売は9月と少し先だが、7月から全国で新製品体験イベントが開催されている
[画像のクリックで拡大表示]

 X-T2のおもな特徴は以下の通り。

■有効2430万画素のX-Trans CMOS IIIセンサーを搭載

→2016年3月発売の「FUJIFILM X-Pro2」と同じローパスフィルターレスタイプのAPS-C型センサーを採用。X-T1は有効1630万画素だった

■オートフォーカス性能を向上、AF-Cカスタム設定も用意

→像面位相差AFのカバー範囲や追従性を向上。被写体追尾時の粘り方などAF-Cのパラメーターを細かく変える専用の設定画面も用意

■EVFのブラックアウト時間を短縮、表示も見やすく改良

→連写時の画像消失時間を短縮、モアレや偽色を低減

■ダイヤルやボタンの改良で操作性を向上、誤操作も抑制

→シャッター速度などのダイヤルのロックボタンはプッシュするごとにロックと解除が切り替わるタイプに変更。背面にはスティック状のフォーカスレバーを追加し、フォーカスエリアを8方向で移動可能に

■液晶パネルを3方向のチルト式に改良

→縦位置撮影時も上方向にチルトできる

■起動時間や撮影間隔などのレスポンスを向上

→起動時間は約0.3秒、撮影間隔は約0.17秒、シャッタータイムラグは約0.045秒に短縮

■Xシリーズ初の4K動画撮影に対応

→フレームレートは最大30P対応、100Mbpsの高ビットレート対応で圧縮ノイズを抑制

■縦位置パワーブースターグリップ装着でパフォーマンスが向上

→バッテリーを内部に2コ搭載できる。BOOSTモードにすると、撮影間隔や連写速度、シャッタータイムラグなどのパフォーマンスが向上する。EVFは100fpsのなめらかな表示も可能に

■SDカードスロットをデュアルスロットに改良

記事に関連した製品の最安価格をチェックする

PR

  • 日経トレンディ 最新号案内

    日経トレンディ
    2017年10月号