[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォンやタブレット用のタッチペンを100円均一ショップ(100均ショップ)で買えることに驚いたのは数年前のこと。当時は、比較的低価格なタッチペンでも2000円前後、書き味にこだわると3000円以上する状況だった。100均ショップのタッチペンはコストパフォーマンスには優れているが、書き味や耐久性の面で惜しいと感じる商品がほとんどだった。

 ところが最近、100均ショップのタッチペン売り場には、以前は2000〜3000円台の商品で使われていた技術を取り入れたタッチペンが目につく。100均ショップのタッチペンは進化を遂げていた。

 今回は、100均ショップのダイソー、セリア、キャンドゥで見つけた、最新タッチペン4本の書き味をレビュー。記事の最後に、筆者おすすめの商品を紹介する。

セリア商品はスムーズな書き味を実現

「なめらかタッチペン」(セリア)
長さ:115mm
太さ:9mm
重さ:6g
なめらかタッチペン(セリア)
[画像のクリックで拡大表示]

 これまで100均ショップのタッチペンは、ペン先に導電性ゴムを使った商品がほとんどだった。これに対してセリアの「なめらかタッチペン」は導電性繊維を使っている。ゴムより画面との摩擦が少なく、書き味はとてもスムーズだ。画面にペン先をあまり強く押し付けなくても反応する点もよい。

 ペン自体が軽いためあまり問題にならないかもしれないが、ペン先側にもう少し重心があるともっと書きやすいだろう。また、ペン先の導電性繊維の隙間にホコリが入りやすいので、キャップが欲しいところだ。

 書き味がスムーズなタッチペンを探している人におすすめしたい。

ペン先が導電性繊維なので画面との摩擦が小さく滑りがスムーズ
[画像のクリックで拡大表示]