17年夏、音質と装着感のバランスがいい6000円前後のBluetoothイヤホンは、どれが優れているのか? AV評論家の折原一也氏が、人気の3機種を徹底的に比べた。

[画像のクリックで拡大表示]

 17年夏にイヤホンを買うなら「ワイヤレス」だ。イヤホンジャックが廃止されたiPhone 7の発売から半年以上が過ぎ、イヤホンは、有線からワイヤレスのBluetoothへのシフトが進んでいる。iPhoneだけでなくAndroidスマホユーザーも「ワイヤレスのイヤホンのほうがケーブルがなくて便利なのでは……」と興味を持ち始めたのではないだろうか。

 Bluetoothイヤホンの相場は、激安クラスの製品なら3000円前後、ある程度の音質も求めるなら6000円前後、アップルの完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」といった最先端の製品を求めるなら、1万5000円前後が相場だ。本記事では、ワイヤレスイヤホン入門におすすめの、音質と装着感のバランスがいい「コスパ高」の6000円前後の最新イヤホンに注目した。

 Bluetoothイヤホンを購入する際、チェックすべきポイントはどこだろうか。

 音質はもちろんだが、まずは操作性や装着感をチェックすべきだ。ワイヤレスイヤホンはケーブルからは解放されるが、リモコンの形状やBluetoothの通信レシーバーやバッテリーを収納する本体デザインが製品ごとに違うため、上記の項目が意外に異なる。

 通勤・通学、スポーツなどの使い勝手に大きく影響する連続駆動時間も重要。目安は連続駆動8時間以上だ。

 Bluetoothによる音楽の伝送方式(コーデック)については、iPhoneならば「AAC対応」、Androidでは「aptX対応」なら高音質に対応している。しかし、音質はイヤホンも含めた製品全体の作りが重要なので、コーデックはあくまで参考値。ただし、aptX対応の機種はゲームや動画での音の遅延を避けられるので、音楽以外での使用でも役に立つ。

 以上のポイントをふまえつつ、最新機種であるオーディオテクニカの「ATH-CKR35BT」、ソニーの「MDR-XB50BS」、Skullcandy(スカルキャンディ)の「Ink’d wireless」の人気機種を、6000円前後で購入できる「コスパ高モデル」としてピックアップし、音質や装着感・携帯性を5つ星で評価した。