パナソニックが、マイクロフォーサーズ用の交換レンズ「LEICA DG SUMMILUX 12mm/F1.4」を発売した。35mm判換算で24mm相当となる広角レンズで、開放F値がF1.4と明るい大口径タイプだ。実売価格は14万円前後とかなり高価だが、ライカの厳しい基準をクリアした光学設計で、「各社の同等スペックのレンズと比べても高画質に撮れる」とメーカーは描写性能の高さに自信を見せる。

 実際に撮影したところ、フルサイズ一眼をも超えたと感じさせる圧倒的な解像感や豊かなボケの表現にまず驚かされ、逆光時などの厳しい条件でもゴーストやフレアで破綻することなくしっかり描写してくれた点が目を引いた。

パナソニックのマイクロフォーサーズ用高級レンズ「LEICA DG SUMMILUX 12mm/F1.4」。同社の最新ミラーレス一眼「LUMIX DMC-GX7 Mark II」と組み合わせて撮影したところ、フルサイズ機を超えると感じさせる解像感のある描写が得られた。実売価格は14万円前後
[画像のクリックで拡大表示]

解像感のある描写、特に周辺部まで手を抜いていないのがすごい

ライカブランドのパナソニック製レンズらしく、外装の質感は高い
[画像のクリックで拡大表示]

 まず注目したいのが、高い質感と防塵防滴構造を両立した外装だ。LEICA DG SUMMILUX 12mm/F1.4の外装は金属製で、見た目の高級感や手にした感触は申し分ない。金属製の丸型フードが付属する点も評価できる。絞りリングやフォーカスリングの感触も高級感があり、「レンズは描写性能だけでなく見た目も重要」と考える人も満足できるはずだ。

 見逃せないのが、防塵防滴構造となっている点。パナソニックの「LUMIX DMC-GX8」やオリンパスの「OM-D E-M5 Mark II」などの防塵防滴対応ボディーと組み合わせれば、雨が降るなかでも破損を気にせず撮影できるのはアドバンテージといえる。

レンズは太めで重量は約335gもあるが、手ぶれ補正機構は内蔵していない。ボディー内手ぶれ補正機構を備えるLUMIX DMC-GX7 Mark IIやオリンパス製ミラーレス一眼で使うのがベストだろう
[画像のクリックで拡大表示]
金属製の円形フードが標準で付属する。フードの内部は、マットな塗装が施されている
[画像のクリックで拡大表示]
大型のピントリングと絞りリングを装備する。ピントリングを回した際の感触はとてもなめらかで好印象だ
[画像のクリックで拡大表示]

 次に注目できるのが、あらゆる状況でも解像感の高い描写で撮影できること。非球面レンズなどの高性能レンズを多く用いることで、細かな部分もカリッと描写してくれる。「フルサイズのデジタル一眼レフで撮影したのか?」と思わせるほどだ。

オフィス街に隣接する観光地でスナップ。遠景のオフィスビルや電線、手前の子どもまで、しっかりシャープに写し取れた(ISO200、1/640秒、F6.3)
[画像のクリックで拡大表示]
建物の上方に設置されていたパンチングメタルのひさしと赤外線の暖房装置を撮影。陰になっている径の小さなパンチングメタルもしっかり描写しているのがすごい(ISO200、1/100秒、F2.0)
[画像のクリックで拡大表示]
飲食店に並べられた調味料の棚を撮影。絞り開放だったが、隅のほうにある細かな調味料も質感をしっかりと描き出している(ISO200、1/125秒、F1.4)
[画像のクリックで拡大表示]