iPhone 3Gの登場でいよいよ日本市場にiPhoneがやってきた

 2008年の夏、表参道は燃えていた。iPhone 3Gを独占的に扱うことになったソフトバンクの旗艦店に、実物をいち早く手に入れようと多くの人たちが徹夜で行列を作ったのだ。前日の2008年7月10日の夕方から私も列に加わったが、行列はあっという間にグングン伸びていった。混乱を防止するため、トイレに行くのにも「トイレチケット」をスタッフから受け取って30分以内に戻らなければならなかったことを覚えている。夜も更けたころ、ソフトバンクの孫氏が突然視察に訪れたのも懐かしい思い出だ。

iPhone 3Gの発売前夜、ソフトバンク表参道に視察に来た孫正義氏
[画像のクリックで拡大表示]

 夜が明けて清々しい空の下、店頭でカウントダウンセレモニーが実施され、iPhoneが日本に正式上陸を果たしたのだった。このとき、このiPhoneがこれほどまでに世の中を大きく変える存在になるとは誰も予想していなかっただろう。

国内キャリアで初めてiPhoneを取り扱うことになったソフトバンク。2008年7月のiPhone 3G発売セレモニーには、孫正義氏も参加した
[画像のクリックで拡大表示]