音楽を聴くのはイヤホンかヘッドホンでだけという筆者がBOSEのBluetoothスピーカー「SoundLink Revolve Bluetooth speaker」を使ってみた。これまではBluetoothスピーカーを持っていてもほとんど使っていなかったのに、これは違う。再びスピーカーで音楽を聴くようになった。その理由は?

 今回使ったのは、BOSEが4月28日に発売した「SoundLink Revolve Bluetooth speaker」。スマホやパソコンとBluetoothでつながる小型のスピーカーだ。円筒形のボディーには、向かい合わせに配置された2基のパッシブラジエーターと下向きにセットされたトランスデューサー、音響デフレクターなどが入っていて、周囲360度に音が広がるという。実売価格は2万5000円だ。

今回使った「SoundLink Revolve Bluetooth speaker」。高さ152×幅82mm、重さ670g。IPX4準拠の防滴仕様。色は写真の「ラックスグレー」と「トリプルブラック」の2色
[画像のクリックで拡大表示]
充電はmicro USBで、バッテリー駆動時間は最大12時間。主な用途はBluetooth接続だが、micro USB端子の下にある3.5mm外部入力端子でケーブル接続もできる
[画像のクリックで拡大表示]
今回は使っていないが、一回り大きい「SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker」(同3万5000円)もある。大きいほうは持ち運びやすいハンドル付き。色は同じく2色ある
[画像のクリックで拡大表示]

 見た目は「いかにもスピーカー」という主張がなくてすてき。特にシルバーは明るい色なので、リビングやテーブルの花瓶の隣などに置いても邪魔にならなさそうだ。久しぶりに「欲しいかも!」と思った。

 ただ、問題は本当に使うのかどうか。というのも、筆者は最近、すっかり音楽を聴かなくなってしまった。こういうと正確でないかもしれない。通勤中は電車で聴くし、車の運転中も聴く。好きなアーティストは何人かいて、ライブには年間4、5回は足を運ぶ。要は、自宅で音楽を聴かなくなったのだ。これで音楽、聴くだろうか?

BOSEが掲げている使用イメージもリビングなどになじむことを強調した作り。この写真など、どこにSoundLink Revolve Bluetooth speakerがあるのか一瞬分からなかった
[画像のクリックで拡大表示]