メルセデス・ベンツ日本は2018年6月、4ドアクーペ「CLS」をフルモデルチェンジした。価格は、799万~1038万円(税込み)となる。

3代目へと進化したメルセデス・ベンツの4ドアクーペ「CLS」。価格は、799万~1038万円
[画像のクリックで拡大表示]

 CLSは、メルセデス・ベンツが2004年に発表したデザイン重視の4ドアクーペで、昨今の高級車の4ドアクーペブームを生み出した。新型は3代目となる。最大の変更点は、もちろんデザインだ。クーペらしい流麗なフォルムはこれまで同様だが、新型車のエクステリア(外装)は、次世代のメルセデス・ベンツのデザインの方向性を最初に取り入れたものだという。

 最も目を引くのはフロントマスクのデザインで、ボンネットの先端からバンパーにかけて内側に傾斜する。正面は、台形の大型グリルの左右に鋭い眼光を放つヘッドライトを備えたたくましい顔に仕立てられた。このデザインは、サメをモチーフにしているといい、確かにサイドはサメのようなスピード感をたたえるフォルムととがった鼻先を連想させる。これまでの落ち着きあるフロントデザインが好きだった人には、抵抗があるかもしれない。

ガラスエリアを小さくし、コンパクトなルーフを持つ。ドアも窓枠のないサッシュレス構造となり、美しいスタイルに仕上げられている。また新型ではボディサイドのデザインの抑揚が最小となり、面の美しさをより強調した
[画像のクリックで拡大表示]

 ただ、デザインコンセプト自体は、2013年登場のSクラスから採用するコンセプトを発展させたものだといい、基本はしっかりと受け継ぐというスタンス。メルセデス・ベンツのデザインの基本思想である「Sensual Purity(官能的純粋)」にもきちんと基づいている。このため過剰な要素は必要なく、本質を磨き上げるため、スタイルに抑揚を与えるデザイン的に必要な線であるキャラクターラインやエッジなどをできるだけ廃し、曲面の表現で美しいスタイルを完成させたという。この特徴的なデザインは今年導入するとみられる新型Aクラスにも取り入れられており、メルセデス・ベンツの顔は今後劇的に変化しそうだ。