ファーウェイ・ジャパンは、2017年7月4日、モバイルノートの新製品として13型モバイルノート「MateBook X」と、12型Windows 2in1タブレット「MateBook E」を発表。7月7日より発売を開始した。

ファーウェイは日本のPC市場への本格参入を発表。モバイルノート13型「MateBook X」と、12型Windows 2in1タブレット「MateBook E」を投入する
[画像のクリックで拡大表示]

 ファーウェイといえば、日本では格安SIMで利用できるSIMフリースマホが好調なメーカーだ。なぜ、ファーウェイは日本市場でノートパソコンに本格参入するのか。また、PC市場ではどういった姿勢でシェアを拡大するのか。これらの答えは、スマートフォンで培った技術研究や、同社が切り開いたモバイルWi-Fiルーターの市場環境にあるという。

現在、日本のファーウェイといえば格安SIM向けの大手SIMフリースマホメーカーという印象が強い。6月9日には最新モデルのP10シリーズを発表している
[画像のクリックで拡大表示]

 これらファーウェイの日本市場への取り組みについて、ファーウェイ・ジャパンで端末部門を統括する呉 波氏へのグループインタビューをもとに見ていこう。