前モデルの弱点を改善した機能向上モデル

 IoT製品を開発・製造・販売しているQrio(東京・渋谷)が、工事不要で玄関ドアロックに取り付けられるスマートロックの新モデル「Qrio Lock(キュリオロック)」を2018年7月19日に発売する。この製品は、2015年に発売された「Qrio Smart Lock(キュリオスマートロック)」の後継機。前モデルと比べて約40%軽量化されたほか、旋錠・解錠のレスポンスも大幅に改善されているという。また、前モデルでは試用版として提供されていた「手ぶらで解錠」機能も正式に搭載している。価格は税別2万3000円。

Qrio Lockは、多くのサムターンに対応したスマートロック。バッテリーは電池切れに備えて2系統用意されており、1系統で約180日持つとのこと
[画像のクリックで拡大表示]
ドアへの取り付けには両面テープを使用。こちらは定期的に貼り直さないと剥がれ落ちる可能性がある
[画像のクリックで拡大表示]