2017年7月3日、ソニーはスマートウォッチ「wena wrist(ウェナリスト)」の新商品として、電子マネー機能搭載のレザーバンド「wena wrist leather(ウェナリストレザー)」を発表した。2017年12月下旬発売で価格は8380円。すでに予約販売はスタートしている。

ソニーの腕時計用レザーバンド「wena wrist leather」。カラーはブラック/タイニーブラウン/ワインレッド/ホワイトを用意。対応ラグ幅18mmはブラック/ワインレッド/ホワイトの3色、20mmと22mmはブラック/タイニーブラウンの2色が選べる
[画像のクリックで拡大表示]

革バンドの中にFeliCa

 wena wristは、アナログの時計部分はそのままに、ステンレスバンド部に「電子マネー機能」「通知機能」「活動ログ機能」を内蔵したソニーのスマートウォッチだ((関連記事は「人気沸騰したソニーの『スマート腕時計』、真の実力は……」)。今回のwena wrist leatherは、そのバンド部の素材に本革のカーフレザーを採用しているのが大きな特徴となる。

 機能は「電子マネー機能」のみを搭載し、楽天Edyのみに対応。独自のFeliCaモジュールを新たに開発することで、wena wristの対応ラグ幅22mmに対してwena wrist leatherは18mmを実現した。

 一方、バッテリーは内蔵しておらず、Bluetoothなどの通信機能も非搭載。スマホとの連携やアプリ経由でのチャージなどはできないが、バッテリー切れの心配や充電の手間がないのもポイントだ。感覚としては、既存の楽天Edyカードをレザーバンド部に内蔵したイメージで、初心者でも手軽に利用できる。

wena wrist leatherでの電子マネー機能の利用イメージ。チャージ(入金)はコンビニのレジなどから現金で行う。なお、楽天Edy以外のおサイフケータイ対応サービス(iDやANA、dポイントなど)は利用できない
[画像のクリックで拡大表示]
モジュールを内蔵する部分にはFeliCaマークが刻印されている
[画像のクリックで拡大表示]

バンドのみで単品販売

 なお、wena wristは時計とバンドがセットで販売されていたが、今回のwena wrist leatherはバンドのみの販売となる。機能が減ったことも踏まえると、wena wrist leatherはwena wristの新モデルというより、アナログ腕時計のアクセサリーに近いバリエーションモデルといえそうだ。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
既存のwena wristのヘッド部にwena wrist leatherを組み合わせたイメージ

 そのほか、wena wristの(時計部分を除いた)ステンレスバンド部の単品販売も発表された。こちらは2017年7月11日発売で、価格はシルバーが3万3880円、ブラックが3万6880円。対応ラグ幅はともに22mmとなるが、同日に別途発売される18mm/20mm対応のエンドピースを利用すれば、18mm/20mmの腕時計でも利用可能になる。

単品販売されるwena wristのステンレスバンド(左がシルバー、右がブラック)
[画像のクリックで拡大表示]