[画像のクリックで拡大表示]

 2017年7月6日は「ポケモンGO」が米国でリリースされて1周年に当たる。日本でリリースされてから1年間遊びつつけたライターの伊藤朝輝氏が、辞めてしまった人向けにおすすめしたい遊び方を語る。

「まだやっているの?」と聞かれるけれど……

 筆者がポケモンGOをスタートしたのは2016年7月22日。日本でサービスが始まった日だ。しかしウィロー博士に初めて会った時のスクリーンショットを確認すると17時3分と夕方。それまで何をしていたのかというと、毎年夏に映画館で公開されるポケモン映画を朝から見に行っていたのだ。もちろん今年も見に行く。

 そう、筆者は大のポケモン好き。ゲームボーイ時代にリリースされた「ポケットモンスター赤・緑」以来、すべてのシリーズを遊んでいる。最新作「サン・ムーン」も絶賛プレー中だ。バトルも大好きで自宅でWi-Fi対戦するだけでなく、リアルで開催されるバトルイベントに参加することもある。

 ポケモンはあの世界観とバトルが面白いと思っている。その点でポケモンGOの1周年前に行われた大型アップデートは待ちに待ったものだった。詳しくは後述したい。

 最近、ポケモンGOをやっているという話をすると「まだやっているの?」という反応が多い。確かに辞めた人に対する気持ちも分からなくはない。なんと言っても単調だから。

 携帯ゲーム機版のポケモン(以下「本家」)はゲームの舞台となる地方で、ライバルや悪の組織と戦いつつ、ジムを攻略したり試練を達成したりして、最後にその地方の新チャンピオンになる(「殿堂入り」する)といった基本ストーリーがある。ストーリーが終わったらゲームは終わりというユーザーの話をよく聞く。そういう人は多いのだろう。

ポケモンGOをもっと楽しむには?

 だが、殿堂入り後は、ポケモンのバトルゲームとしての面白さが広がっている。CPU戦も高度になってくるが、もっと面白いのは対人バトルだ。CPU戦よりもずっと駆け引きが複雑で奥が深く、いくらやっても飽きることがない。

 バトルの面白さは単に勝つことだけでなく、自分が大事に育てたポケモンをうまく使って勝負する点にある。これはゲームの中のトレーナーと同じ。つまりバトルを楽しめば、自分も本物のポケモントレーナーとしてその世界をより楽しめるようになるというわけだ。

 ポケモンGOでも同じ。ポケモントレーナーとしてバトルをすれば、もっと楽しくなる。

 筆者はポケモンGOでは、黄色チームに所属した。赤、青よりもプレーヤー数が少ないのでバトルではかなり苦戦するが、だからこそ面白いことも多かった。

 ポケモンGOのバトルは、本家ポケモンのように戦略を楽しむほどにはなっていないが、ポケモンが自分の周りに生息している感じは本家以上だ。現時点では、それこそがポケモンGO最大の魅力と言えるだろう。

筆者がポケモンGOを始めたのは日本でサービスインした2016年7月22日。途中少しマンネリを感じたこともあったが、現在も楽しくプレーしている
[画像のクリックで拡大表示]
ユーザーは自分の所属するチームを選択し、その一員としてゲームをプレーして行く。筆者はここで黄色のチームを選択。これが運命を決めた
[画像のクリックで拡大表示]