2018年6月20日から23日まで、米アナハイムのコンベンションセンターで、ユーチューバーの祭典「VidCon(ビドコン)」が開催された。100万以上のフォロワーがいる著名なユーチューバーだけでなく、動画に関係するクリエーターや企業、マーケターまで、幅広い出席者が約3万人集まった。

 ユーチューバーの祭典「VidCon(ビドコン)」は、動画共有サイトの「YouTube」で100万超や1000万超のフォロワーがいる有名ユーチューバーとそれを目当てとする若者でにぎわった。いち早く生の情報を得ようと集まった、動画の撮影や編集のクリエーターたちも多く目についた。

多くの若者でにぎわったビドコンの展示スペース
[画像のクリックで拡大表示]

 ユーチューバーは著名になっても基本的に自身のカメラで撮影し、パソコンで自ら編集している。そうした彼ら、彼女らの投稿する動画を見ると、驚くほどいい画質でしっかりと編集されていることに気づく。プロと同等かそれに準じた機材を使用して撮影や編集を行う様子もしばしば動画に映り込む。

 多くのフォロワーを獲得し見続けてもらうには、投稿する内容が興味を引くものであるのはもちろんのこと、映像や音声の品質も問われるからだ。スマートフォンやパソコンだけでなく、家のリビングの大画面ディスプレーでYouTubeを見る視聴形態も増えている。

 ビドコンにはこうした「ユーチューバー市場」に次のビジネスチャンスを見いだしたり、ブランディングをしたりしようとする企業が多く出展した。