2018年2月の発売以来、プログラミング書籍としては異例ともいえる1万部超を果たすほど広く読まれている『独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで』。その著者であるコーリー・アルソフ氏が来日した機会をとらえ、訳者である清水川貴之氏と新木雅也氏を交えて2018年6月15日にインタビューを行った。独学プログラマーとして活躍するために必要なことをアルソフ氏自身の経験を踏まえてお話いただいた(関連記事「独学プログラマーのススメ」)。

左から『独学プログラマー』著者のコーリー・アルソフ氏、訳者の清水川貴之氏と新木雅也氏
[画像のクリックで拡大表示]
コーリー・アルソフ(Cory Althoff)
米クレムソン大学で政治学を専攻、卒業後にシリコンバレーに住みながら独学でプログラミングを身に付ける。一年後にeBayのソフトウェア・エンジニアとして就職。その後、シリコンバレーにて複数のスタートアップに参画し、主にフルスタック・エンジニアとして活躍。以下で本書などに関連する情報を発信中。
https://theselftaughtprogrammer.io/
https://medium.com/@coryalthoff

――最初の質問として、今どのような仕事をされているか、教えてもらえますか。「独学プログラマー」としてさまざまなIT企業で働かれたのち、現在は何をされているのでしょう。

アルソフ氏:自らの会社「セルフトートメディア(Self-Taught Media)」を約2年前に興しました。私の最初の本となる『独学プログラマー』を執筆したのち、直近6か月間は集中してウェブコースを作成していました。今後、セルフトートメディアを通じて、プログラマー養成講座やウェブデベロッパー養成講座をはじめとするオンラインコースを提供していく予定です。

[画像のクリックで拡大表示]