iPhone 7シリーズがイヤホン端子をなくしたこともあり、ワイヤレスイヤホン・ヘッドホンの人気が高まっている。国内外でオーディオ・ビジュアルの最新動向を取材しているライター・山本敦が今後注目のイヤホン・ヘッドホンを紹介する。

 スマートフォンで音楽を聴くのは今や当たり前。2014年の秋にNTTドコモが「ハイレゾ対応」のスマホを発表して以来、上位機種を中心に“ハイレゾ対応”も増えている。スマホでより手軽に、しかもいい音で音楽を聴きたいというニーズが高まるのを受けて、最近ではスマホ向けオーディオ製品も充実してきた。

 昨年の秋以降、ユーザーの関心が高まっているのがワイヤレスオーディオだ。アップルが最新のiPhone 7シリーズからイヤホン端子を取り除いたのをきっかけに、スマートフォン向けイヤホンは大きく2つの流れに進み始めた。1つはケーブルなしで軽快に音楽が楽しめるワイヤレスイヤホン。もう一つが、Lightning端子にケーブルを直接つなぐデジタル接続のイヤホンだ。それぞれ今後の注目製品とともに、特徴を見ていこう。

アップルが昨年の秋にiPhone 7シリーズが従来の3.5mmアナログイヤホン端子を省いたことで、Bluetoothイヤホン・ヘッドホンの注目度が急上昇した
[画像のクリックで拡大表示]