iPad miniの愛用者が10.5インチiPad Proに乗り換えたら、仕事のスタイルはどう変わったのか? 自腹で購入したライターの伊藤朝輝氏が、手書き機能やテキスト入力を中心にレポートする。

発売日に入手した10.5インチiPad Pro。初代iPadで使っていたスリーブがちょうどよいサイズだった。前ポケットがありApple Pencilを入れるのにちょうどよい
[画像のクリックで拡大表示]

「iPad mini+紙ノート」から乗り換えたい

 2017年6月13日にアップルから10.5インチの新iPad Pro(6万9800円〜)が発売され、筆者は悩みながらも購入した。

 というのも、筆者は初代iPad miniが登場してからずっとiPad miniシリーズを愛用していたからだ。片手で楽に持て、寝転びながらも使えるminiシリーズの大きさと軽さが一番のお気に入りポイントだった。

 iPad miniと合わせて、テキスト入力用にサードパーティー製のBluetoothキーボードを使っているが、両方合わせても小さなボディーバッグに入る。他のサイズのiPadではこうはいかない。テキストを打つことの多いライター業ではかなり重宝する組み合わせだ。

 MacBookと比較すると用途は限られるが、セルラーモデルならどこでもインターネットに接続できる点も大きなメリットだ。

 その一方で最近、手書きのよさも実感しており、別途A5サイズのノートを持ち歩いている。ノートは雑誌記事の記事を書く際、レイアウトのイメージを固めるために使っている。

 それまではMacBookのレイアウトアプリを使っていたのだが、その場合、外出先ではMacBookを持ち出す必要がある。また、レイアウトアプリは作業に凝りすぎて進まなくなってしまうことがあった。

 それらの解決策として「紙に書く」ようにしてみた。紙に書いているうちにテキストも手書きしながら進めたほうがよい場合があった。

 この手書きの作業をiPad miniで実現しようと試してみたが、iPad miniで使える普通のタッチペンでは紙に書いている感じとは程遠い。7.9インチというiPad miniの画面サイズは小さく、筆者の用途での手書きには適していない。

 そんなタイミングで登場した新iPad Proは、Apple Pencilの反応速度もアップしているという。10.5インチの新iPad Proなら紙のノートに置き換えることができるかもしれない。「購入に悩んだ」と書いたが、実際には予約開始日の夕方には購入を決意した。

 カラーはスペースグレイの、ストレージサイズ256GBのセルラーモデル。同時に、画面カバーにもなるiPad Pro専用の純正外付けキーボードSmart Keyboard(1万7800円〜)も購入した。開始日に予約したおかげか、発売日の朝には手元に届いた。

紙の上にラフを作っていくと細部にとらわれ過ぎることなく作業できることに気が付いた。それ以来、手書きの良さを感じている
[画像のクリックで拡大表示]