アップルから登場した「iPad Pro 10.5インチモデル」。どこまで仕事に使えるのかという視点で、家電・ITジャーナリストの安蔵靖志氏に深くレビューしてもらった。

 2017年6月6日(日本時間)にアップルが「iPad Pro 10.5インチモデル」を発表した。かねてから購入を検討していた筆者は早速発表当日に予約し、1週間後の6月13日に到着した。

アップルが2017年6月に発売した「iPad Pro 10.5インチモデル」。こちらはWi-Fi+Cellular版の256GBモデルなので、直販価格は9万5800円だった
[画像のクリックで拡大表示]

 購入したのは以下の通りだ。

・10.5インチ iPad Pro 256GBモデル
・Smart Keyboard - 英語(US)
・Apple Pencil

 せっかく日本語キーボードが購入できるようになったのに、つい英語版のSmart Keyboardを購入してしまった。「デザインがシンプルでおしゃれ」と思ってしまったからだ。

 筆者は2012年3月発売の「新しいiPad」(第3世代iPad)、2013年10月発売の「iPad mini Retinaディスプレイモデル」(後に「iPad mini 2」に改称)を購入し、現在もiPad mini 2を使っている(主な用途は電子雑誌や動画再生など)。このように以前からiPadシリーズを使っているが、iPad Proは初めてだ。

現行iPad mini 4との比較。持ちやすさという意味ではやはりiPad mini 4はなかなかの魅力だ
[画像のクリックで拡大表示]
現行のiPad mini 4、iPadとの比較。9.7インチiPadに比べてわずかながら幅、高さともに大きくなっている
[画像のクリックで拡大表示]
現行のiPadとの厚さ比較。以前の「iPad Air 2」は最新の10.5インチiPad Proと同じ6.1mmだったが、現行のiPadは7.5mmと厚さが増えている。そのため、iPad Proはより「大きくて薄い」という印象を受ける
[画像のクリックで拡大表示]

 12.9インチの初代iPad Proが登場したときにも、Apple Pencilに大きな魅力を感じた。しかし、これまでは、購入を迷っているうちに買う機会を逃してしまっていた。

 ではなぜ今回は購入に踏み切れたのか。先日行われたWWDC(Apple World Wide Developer's Conference)でiOS 11が発表され、その中でiPadの使い勝手が向上するとアナウンスされたことや、ファイラーアプリが追加されること、Apple Pencilのレイテンシー(反応遅延)が小さくなったといったことから、iPad Proのビジネスシフトがさらに進むという印象を受けた。

 つまり「iPad Proをより仕事で使いやすくする」というアップルのメッセージを感じたことから、iPad Proの購入に踏み切ったというわけだ。

2017年6月6日(日本時間)に行われたWWDCの模様。最新OSの「iOS 11」でファイラーアプリ「Files」が登場するとアナウンスされた
[画像のクリックで拡大表示]

 筆者自身もタブレットを仕事に使いたい、仕事にさらに活用したいという思いがあった。特に重要視していたのが「手書き」、もう一つが「文字入力」だった。そこで今回はこの2つについてザッとレビューしてみたいと思う。