通勤・通学の電車内で音楽を聴くとき、ケーブルの煩わしさから解放されるBluetoothイヤホン・ヘッドホン。前回記事「1万円以下のBluetoothイヤホン・ヘッドホンはどれがいい?」では1万円以下の製品をレビューしたが、後編では1万〜3万円クラスの高級製品のトレンドから紹介していこう。

[画像のクリックで拡大表示]

 注目モデルは、2016年3月に日本で発表された、スウェーデンのEARIN社による、その名も「EARIN」。イヤホン部以外のすべてをワイヤレス化したデザインは、まさにBluetoothイヤホンの理想型だ。

 続いて1万円以上クラスでの一大派閥となるスポーツタイプのイヤホン。一般的な有線イヤホンとの違いは、耳の穴の形状にフィットするサポーター(名称は各社さまざま)が設けられており、ランニングやエクササイズのときに装着してもズレずに、快適に使うことができる。

 スポーツタイプのイヤホンは首もとにリモコンが来るため電車内での操作には向かないが、手元のスマートフォンや携帯音楽プレイヤーで操作する人なら、電車内でも気にせず使えるはずだ。

 1万円以上のヘッドホン製品は、ソニー、フィリップス、AKG、Beatsなど、既存のヘッドホンと近い音質をワイヤレスで体験できるだけでなく、ノイズキャンセルに対応するなど機能面でも強化が図られている。

 今回紹介する8機種のイヤホン・ヘッドホンは、いずれも1万〜3万円クラスの売れ筋・注目モデル。その実力を筆者(編集部注:AV評論家の折原一也氏)が評価した。各製品の音質に加えて、装着感、操作性なども含めたレビューをお届けしよう。