米アップルは2018年6月5日(日本時間)、米カリフォルニア州サンノゼで開催した開発者向けイベント「WWDC 2018」を開催アップル 旧機種がサクサク動く、iOS 12などを発表。ハードウエアの発表はなかったが、iOS 12や新watchOS、新macOSなどのソフトウエアの進化を発表した。日経トレンディネットの連載「イトウアキのアップル系と呼ばれて」でおなじみのライター、伊藤朝輝がインプレッションを語る。

[画像のクリックで拡大表示]

 今年のアップルの開発者向けイベント「WWDC 2018」では、新ハードウェアの発表は一切なかった。事前には、顔認証を搭載してさらに狭額縁になった「iPad Pro」とか、ホームボタンをなくした新デザインの「iPhone SE 2」が出るかもしれない、しかもiPhone SE 2は鮮やかなカラバリが展開されるのではといった噂があり、期待していた人もいるのではないだろうか。みんなが期待しているとわざと発表しないのではないかと思うことがある。アップルのそんな「ツンデレ」なところがたまらない。新型のiPad Proは別のタイミングで発表されるに違いない。こっちだって、新ハードウエアはいつかは必ず出るから、別にがっかりしてないんだからね。

 というのも、筆者はアップル製品が好き過ぎるあまり、発売されない製品のことまで気にしていると仕事が手につかなくなってしまう。そのため、噂はあまり頭に入れないようにしているし、入ってきても深く考えないように自己防衛している。非公式な情報には振り回されず、イベント当日を平常心で迎えるのが一番だ。