鮮やかな有機ELを搭載、おサイフケータイや防水にも対応

 ここからは、P20 Proの機能や性能面を見ていこう。

 ディスプレーは6.1インチで比率18:9縦長ワイドの有機EL(OLED)を搭載。解像度はフルHD+(1080×2240ドット)だ。本体前面を覆うように配置され、上部にはM字型にカメラ部分が飛び出すノッチがある。本体の横幅は74㎜と画面サイズのわりにはスリムで、片手親指での文字のフリック入力もギリギリ可能だ。

横幅74mmと、大画面がらもスリムな形状を実現。成人男性などやや大きめの手の人なら、片手持ちや親指での文字入力も楽だ
[画像のクリックで拡大表示]

 ノッチが気になる場合は、設定でノッチの左右の領域を黒背景のステータス表示のみにして目立たなくできる。アプリごとにノッチの表示を制限する機能もあるので、動画やゲームなど全画面で集中して楽しみたいアプリのみ設定するといいだろう。なお、有機ELの焼き付き防止という観点からいえば、ノッチの左右には様々な画像が表示されたほうが焼き付きにくくなるので、標準設定での利用をお勧めしておく。

ノッチ部分を普通に活用するか、ステータス表示のみにして目立たなくするかを選択できる。アプリごとの設定も可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

 画面下部には指紋認証センサーを搭載。カメラによる顔認証も利用できる。どちらの方法もほぼ一瞬でロックを解除可能だ。併用もできるので、普段は顔認証を使い、マスクやヘルメットを着けた状態では指紋認証といった使い分けもできる。

ディスプレーの下に指紋認証センサーを搭載
[画像のクリックで拡大表示]

 側面にはメタルフレーム、背面は曲面ガラスが覆っており、剛性感と質感の両方とも高い。背面にはトリプルカメラとおサイフケータイのFeliCaやNFCのチップを搭載している。

側面のメタルフレームから背面の曲面レンズにかけて、なめらかな曲線を描いている。握りやすく持った時の質感もいい
[画像のクリックで拡大表示]
防水・防じんはIPX7・IP6X仕様に対応。少々水に落としたり濡れても大丈夫だ
[画像のクリックで拡大表示]

 おサイフケータイはドコモの一般的なスマホと同じ仕様となっており、モバイルSuicaやiD、その他各社の電子マネーや会員サービスなどを利用可能だ。なお、フルセグ・ワンセグのチューナーは内蔵していない。