NTTドコモより、トリプルレンズカメラを搭載したファーウェイのハイエンドスマートフォン「HUAWEI P20 Pro」が6月下旬に発売される。

ドコモの「HUAWEI P20 Pro HW-01K」。6.1インチの有機ELディスプレーを搭載。画面上部のインカメラや受話スピーカー部分はノッチ(切り欠き)になっている
[画像のクリックで拡大表示]

 ファーウェイは世界シェア3位のスマホメーカーで、最近では他社に先駆けてデュアルカメラ(ダブルレンズカメラ、ダブルカメラなどとも呼ぶ)を投入するなど、スマホのカメラ競争を牽引する主役となっている。

 P20 Proはその最新モデルで、ライカと共同開発したトリプルカメラを搭載。従来モデルから画質や高感度性能を向上させたほか、光学3倍レンズによる望遠撮影、AI(人工知能)による撮影シーン認識や手ぶれ補正に対応する。

背面にはライカと共同開発のトリプルカメラ搭載。日本市場向けに「おサイフケータイ」も搭載する
[画像のクリックで拡大表示]

 日本市場ではドコモの独占販売で、SIMフリーモデルは販売されない。カラーはミッドナイトブルーとブラックの2色展開だ。一方で、海外モデルにはない、おサイフケータイ機能が搭載された。モバイルSuicaも利用できる。

 海外では日本円に換算すると10万円を超える製品だが、ドコモで2年契約と月々サポートの割引を前提に購入すると、新規・機種変更では実質5万7024円、MNP(携帯電話番号ポータビリティー)契約だと実質2万2680円と安く購入できる。故障や紛失に対応するケータイ補償サービスにも加入可能だ。