ファーウェイ・ジャパンは2017年6月6日、SIMロックフリースマートフォン「HUAWEI P10」シリーズ3機種とスマートウォッチ「HUAWEI WATCH 2」を発表した。6月9日より発売する。

HUAWEIのSIMロックフリースマートフォン「HUAWEI P10 Plus」
[画像のクリックで拡大表示]

 「HUAWEI P10」は5.1型スマートフォンで、ドイツの光学機器メーカーLeica社と共同開発したカメラ機能が特徴だ。背面には2000万画素のモノクロセンサー搭載カメラと1200万画素のフルカラーのカメラを搭載し、コントラストが効いたLeica風のポートレートを撮影できる「ポートレートモード」を備える。

 被写体の顔面を3D解析して深度を測定し、美肌効果やボケ味などを作り出す機能で、モノクロとカラーのどちらの撮影でも利用できる。また前面のカメラにもLeica社のレンズを搭載し、このカメラでもポートレートモードによるLeica調の自撮りができる。

HUAWEIの5.1型スマートフォン「HUAWEI P10」。「HUAWEI P9」の後継モデルだ
[画像のクリックで拡大表示]
背面カメラはモノクロセンサー搭載のモノクロ撮影用カメラと、カラー撮影用のカメラがある
[画像のクリックで拡大表示]
レンズ部分が飛び出さないフラットなデザインになっている
[画像のクリックで拡大表示]
モノクロカメラでポートレートモードをオンにした状態
[画像のクリックで拡大表示]

 ディスプレーの解像度は1080×1920ドット、CPUはHiSiliconの上位プロセッサーであるKirin 960で、メモリーは4GB、ユーザーメモリーは64GB搭載する。USBポートはUSB Type-C。SIMカードはnanoSIMカード2枚取り付け可能で、デュアルSIM・デュアルスタンバイに対応する。バッテリー容量は3200mAhで、フル充電すると約1.8日間利用できるとしている。また30分で1日分の充電ができるという急速充電機能に対応する。重さは約145g。

 カラーバリエーションは4色で、実売価格は6万5800円。同社オンラインストアのほか、MVNO、家電量販店、ECサイトなどで取り扱う。

 スマートフォンの差異化が難しくなるなか、カメラ機能の競争が激しくなっている。HUAWEIはカメラのブランドとして人気の高いLeica社のレンズを採用し、他社にはないモノクロ撮影専用センサーでポートレート撮影に向くことをアピールすることで販売につなげたい考えだ。