iPhone新機能、新型iPad、スマートスピーカー……アップルの開発者会議では、盛りだくさんの話題が提供された。ケータイジャーナリストの石野純也氏が「アップルの次の一手」を読み解く。

 ハードウエアとソフトウエア両方を1社で手がける、アップルならではの開発者会議――「Worldwide Developers Conference (WWDC) 2017」の基調講演は、例年以上にそのことを強く感じさせるイベントだった。

 発表されたハードウエアはiMac、iMac Proにはじまり、MacBook、iPad Pro、さらには隠し玉ともいえるスマートスピーカーの「HomePod」と多岐に渡っていた。

アップルが年1回開催する開発者会議「WWDC 2017」
[画像のクリックで拡大表示]
WWDCでは、今秋にリリースされる「iOS 11」をはじめ多数の新機能・新製品が発表された
[画像のクリックで拡大表示]

 ここ数年のWWDCは、ソフトウエアの進化が話題の中心だった。本来、WWDCはアプリ開発者が最新情報を得る場であって、製品発表会ではない。製品が発表されないのは、むしろ当たり前のことだった。

 一方で、ハードウエアがなければ、ソフトウエアはその姿をユーザーの前に示すことができない。ハードウエアの進化に合わせ、ソフトウエアの方向性が決まるケースもあるだろう。ハードウエアとソフトウエアは、車でたとえれば両輪のようなものといえるだろう。

 それを最も的確に示していたのが、新しくなった10.5インチと12.9インチのiPad Proだ。このモデルは、どちらもディスプレーに特徴があり、リフレッシュレートはこれまでの倍の120Hz駆動。プロセッサも最新の「A10X Fusion」を搭載。前世代と比べてCPUの処理速度は3割増し、GPUの処理速度は4割増しになった。10.5インチというiPadでは初のサイズが加わったこともポイントだ。

 もちろん、これらも重要な内容ではあるが、筆者がより重要だと感じたのが、今秋にリリースされる「iOS 11」による進化だ。

 iOS 11はiPhone、iPadに共通のOSだが、特に純正スタイラスペン「Apple Pencil」に対応したiPad Pro向けのアップデートが多かった。例えば、画面下に搭載されるドックが、その1つ。画面を2分割して、ファイルをドラッグ&ドロップできるようになるのも、iOS 11による新機能だ。

iOS 11になると、iPadの画面下にMac風のドックが搭載され、パソコンのようにアプリを切り替えやすくなる
[画像のクリックで拡大表示]